商品情報

記事ID : 35767
研究用

タウ凝集体形成を細胞内で再現タウ凝集アッセイキット

このエントリーをはてなブックマークに追加


背景

認知症は物忘れや認知機能の低下により日常生活に支障をきたす疾患で、神経細胞が脱落していくことにより進行します。認知症の6 割以上をアルツハイマー型認知症が占めていますが、未だに効果的な治療法は見つかっていません。アルツハイマー病は、老人斑と呼ばれるアミロイドβタンパク質の蓄積と、線維化したタウタンパク質の細胞内蓄積による神経原線維変化の出現により定義されています。線維化したタウタンパク質の蓄積は、前頭側頭型認知症(FTD)の原因の一つにもなっています。
タウタンパク質は神経細胞の軸索に局在して、軸索内の微小管の安定化に寄与しているということが知られています。非常に安定な構造をもつタンパク質であるのに、なぜ線維化してしまうのかということはよくわかっていませんが、プリオンタンパク質と同様に、線維化したタウタンパク質が線維化のための凝集核(シード)となり、正常構造のタウタンパク質を異常構造に変えることで凝集し線維化していくという説が有力だと考えられています。

使用目的

本キットは、タウ凝集体形成を細胞内で再現するモデルであり、線維化タウのシードを細胞に導入することにより、細胞内のタウタンパク質の凝集を引き起こします。ヒトのタウタンパク質は6つのアイソフォームが存在することが知られています。本キットでは家族性タウオパチー変異であるP301L 変異を導入した最長のアイソフォーム(2N4R)とP301L 変異が入った線維化タウタンパク質シードとともに細胞に導入することで、タウ凝集体を細胞内に形成させます。
細胞内で線維化したタウタンパク質はリン酸化されるので、AT8などの代表的な抗リン酸化タウ抗体(S202/T205)によりリン酸化タウを確認することができます。また、アミロイド染色をすることにより、細胞内のタウ凝集を確認することが可能です。

※本製品は、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 松本弦先生より技術提供を、公益財団法人 東京都医学総合研究所より特許使用ライセンスを受けて製品化しております。

構成内容

  • P301L変異型タウ(2N4R)発現プラスミド(pCMV-Tau(2N4R)-P301L、緑キャップ)(内容量:50 μL、濃度:1 μg/μL)
  • dGFP 発現プラスミドベクター(pCMV-dGFP、青キャップ)(内容量:5 μL、濃度:1 μg/μL)
  • P301L変異型タウ線維化タンパク質(F-Tau(RD)-P301L、透明キャップ)(内容量:100 μL、濃度:1 μg/μL)

本製品のプラスミドベクターはATUM社で合成した商品を使用しています。

【別途ご準備いただくもの】
  • アッセイ用細胞株(推奨 : Neuro 2a)
  • 培養用培地(推奨 : DMEM、10%FBS)
  • 遺伝子導入試薬(サーモフィッシャー : Lipofectamine® 3000 Transfection Reagent など)
  • Opti-MEM®または無血清培地(サーモフィッシャー : 31985062等をご用意ください)
  • 滅菌済み精製水

実験例

ウエスタンブロットによる評価

リン酸化Tauの検出
図1:ウエスタンブロットによるリン酸化Tauの検出
本キットでTauを細胞内に凝集させた場合、リン酸化Tauの沈着が起こることが特長の一つ。
培養後の細胞をPBSで回収し、超音波破砕後に2%SDS sample bufferで溶解、100℃ボイル5分間の後、SDS-PAGE、ウェスタンブロットを常法にて行い、Phospho-Tau (Ser202, Thr205) Monoclonal Antibody (AT8)(Thermofisher:MN1020)で検出した例。アミロイド染色をすることにより、細胞内のタウ凝集を確認することが可能です。
①pCMV-2N4R-P301Lプラスミドのみ導入した細胞
②pCMV-2N4R-P301L+F-Tau(RD)-P301L 両方を導入した細胞

免疫染色による評価

位相差:免疫染色による評価

位相差

核:免疫染色による評価

Tau:免疫染色による評価

Tau

マージした写真:免疫染色による評価

マージした写真

図2:Tauを導入した細胞の免疫染色
pCMV-Tau(2N4R)-P301L+F-Tau(RD)-P301L 両方を導入した細胞について、Anti-Tau Antibody, clone 2A1-2E1(MERCK:MABN2472-100UG)および-CellstainR- Hoechst 33342 solution(同仁化学研究所:H342)で検出した例。

プラスミドマップ

プラスミドマップ
図3:プラスミドマップ

タウ凝集アッセイキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Tau Aggregation Assay Kit 詳細データ CSR TAU01 1 KIT
¥70,000

4Rタウ線維化タンパク質(P301L 変異体)

本製品は、P301L 変異タウタンパク質(human, recombinant)のリピートドメイン(4R)を大腸菌から精製し、in vitro で線維化したものを超音波破砕処理したものです。本製品は、細胞に導入することで細胞内のタウタンパク質(P301L)を線維化させるシード活性を有していることを確認しています。

[詳細はこちら]
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
4R-Tau(P301L) Fibrils 詳細データ CSR TAU02 100 UL
¥40,000

関連商品

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti 4R-tau, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ CAC TIP-4RT-P01 50 UL
¥50,000
Anti PHF-TAU, Human (Mouse) , AT8詳細データ IGT 90206 100 UG
¥120,000
Anti PHF-TAU, Human (Mouse) Biotin, AT8詳細データ IGT 90343 50 UG
¥111,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO