商品情報

研究用

Mediquest社 自己抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

Human Rnase MRP Complex(hRpp20)抗体

真核細胞の核には数種類の低分子量のRNAタンパク質複合体が含まれています。核内低分子リボ核タンパク質(SnRNP)は、核液中のmRNA 前駆体(イントロン部位を削除したもの)のスプライシング内に存在します。核小体内低分子リボ核タンパク質(SnoRNP)は、核内のリボゾームRNA前 駆体の成熟期に生産されます。リボソームRNA前駆体の過程と修飾は、snoRNAとRpp20などのタンパク質構成物質複合体の両方を必要とします。 snoRNPは、平均して約6-10のタンパク質サブユニットで構成されています。

Hep2細胞抽出物をRpp2抗体を用いてイムノブロットを行った
↑Hep2細胞抽出物をRpp2抗体を用いてイムノブロットを行った。(SDS-PAGEは還元条件下で行った)

品番 クローン アイソタイプ 融合パートナー 適用
1.201 1F11la IgG2a NS1 ELISA/IB/IP/IFA
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Rpp20, Human (Mouse) Unlabeled, 1F11詳細データ MDQ MQ 1.201 100 UG
¥161,000

Human Exosome complex(Rrp4)抗体

真核細胞の核と細胞質の両方に存在するエキソソームは、 少なくとも9つのコア構成要素を含む3'-5'エキソリボヌクレアーゼの複合体です。主に酵母における研究によって核エキソソームはrRNAプロセスと sn(o)RNA生物発生に必要不可欠であることが示されています。さらに、不適切に処理されたmRNAを分解する際に発生することが示唆されています。 細胞質性のエキソソームは、正常なmRNAでは代謝回転を、AUリッチの不安定なmRNAのでは分解を行います。つまり、エキソソームはRNA代謝におい て重要な役割を担っています。

Hep2細胞抽出物をRrp4抗体を用いてイムノブロットを行い、1×希釈ハイブリドーマ培養上清と反応させた
↑Hep2細胞抽出物をRrp4抗体を用いてイムノブロットを行い、1×希釈ハイブリドーマ培養上清と反応させた。(SDS-PAGEは還元条件下で行った)

品番 クローン アイソタイプ 融合パートナー 適用
2.103 15B3 IgG1 NS1 ELISA/IB/IP
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Rrp4, Human (Mouse) Unlabeled, 15B3詳細データ MDQ MQ 2.103 100 UG
¥161,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Mediquest社 自己抗体」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO