商品情報

記事ID : 14166
研究用

RAGE 反応性 AGEs の生成を阻害する成分のスクリーニング
RAGE 反応性 AGEs 生成阻害アッセイキット

このエントリーをはてなブックマークに追加


RAGE 反応性 AGEs 生成阻害アッセイキットは、96 ウェルプレートに固相化されたアルブミンをグリセルアルデヒドで糖化反応させたときに生じる AGEs(Glyceraldehyde-AGEs) を、リコンビナント RAGE-Fc を用いて検出するキットです。 本キットを用いることにより、Glyceralaldehyde-AGEs の形成を阻害する物質のスクリーニングが可能になります。

背景

Receptor for AGEs (RAGE) とは、単球やマクロファージの他に神経や腎臓、血管平滑筋細胞等での発現が見られる AGEs 受容体の一種です。

RAGE は AGEs と結合すると炎症や酸化ストレスに対して亢進的に作用することは示唆されており、特に生体内での AGEs 産生に関与する加齢性疾患のバイオマーカーとして注目されてきました。 また RAGE は AGEs の中でも、疾患に強く関与するとされるグリセルアルデヒド由来 AGEs に高い選択性をもって結合し、特に近年アルツハイマーに代表される神経変性疾患への関与も報告されています。 したがって RAGE とグリセルアルデヒド由来 AGEs との相互作用を検証ことは、糖化反応を介した疾患発症の病態解明において有用かつ新規の知見を与えうることを示しています。 近年では、RAGE が癌細胞表面にある特定フォームのコンドロイチン硫酸やへパラン硫酸といった硫酸化グリコサミノグリカンと結合し、癌移転のメカニズムに関与するとの報告もあり、その研究需要の範囲は拡大の傾向にあります。

糖代謝と RAGE 反応性 AGEs の生成経路

図1 糖代謝と RAGE 反応性 AGEs の生成経路

測定方法

RAGE結合性AGEsの検出方法
図2 RAGE結合性AGEsの検出方法

96 well Plate に固相化されたアルブミンをグリセルアルデヒドで糖化反応させたときに生じる AGEs (Glyceraldehyde-AGEs)をリコンビナント RAGE-Fc を用いて検出します。

用途

  • RAGE-FC を用いて Glyceraldehyde-AGEs 生成を阻害する物質を探索することができます。
  • 機能性食品および化粧品開発における抗糖化素材開発に!

構成内容

アルブミン固相化 96ウェルプレート
アルミパウチ入り(8-well×12 strips)
1 枚
プレートシール 2 枚
検体希釈液 30 mL
グリセルアルデヒド溶液(100 mM) 5 mL
アミノグアニジン溶液(20 mM)
※抗糖化標準物質
500 μL
洗浄バッファー(×10) 30 mL
ブロッキングバッファー 10 mL
RAGE-Fc 溶液 5 mL
ALP 標識プロテイン A/G 5 mL
発色液用タブレット(5 mL用) 3 個
発色液調製用緩衝液 15 mL

本キットは、96 ウェルプレート 1 枚分のアッセイが可能です。

RAGE 反応性 AGEs 生成阻害アッセイキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
RAGE反応性AGEs生成阻害アッセイキット
RAGE Reactive AGEs Assay Kit, Glyceraldehyde詳細データ
CSR AAS-AGE-K04 1 KIT
[96 well x 1]
¥125,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO