サポート情報

Q&A

記事ID : 13065

FAQ : バイオロジカルインダストリーズ(BLG)社 NutriStem® hPSC XF 培地について

商品詳細 「NutriStem® hPSC XF ゼノフリー培地(ヒトES/iPS 細胞用)

1. 多能性幹細胞の培養について

2. 多能性細胞の継代について

3. 分化培養について

4. 凍結保存について

5. NutriStem® hPSC XFの保存条件と安定性について

1. 多能性幹細胞の培養について

【01】 多能性幹細胞の一般的な培養方法は何ですか?

多能性幹細胞の培養をサポートする、コーティング済みのフラスコ、ディッシュ、マルチウェルプレートが必要です。
コーティングには2つのカテゴリがございます。一つが、タンパク質ベースとした方法で、通常は、ECMを使用します。もう一つの方法としては、フィーダー細胞をベースとした培養です。通常、ヒトまたは、マウスの線維芽細胞を使用します。

pagetop

【02】 オンフィーダー条件(MEF)で培養していたiPS細胞をフィーダーフリー条件(マトリゲルコート)に移行させました。 すると細胞が接着せず、増殖が遅く、また通常見られないコロニー形態が観察されました。

Biological Industries 社の経験では、Growth Factor Reduced マトリゲルを使用した際に引き起こされるものです。Growth Factor Reduced マトリゲル上では培養が難しいので、通常のマトリゲルもしくはヒトES細胞用マトリゲルをご使用ください。

pagetop

【03】 NutriStem® hPSC XFは使用前にサプリメントの追加は必要ですか?

NutriStem® は完全培地のため、サプリメントの追加は必要ございません。
この培地には、細胞の分化を防ぎ、多能性を維持する少量のタンパク質と成長因子が含まれます。

pagetop

【04】 Serum-freeとXeno-Freeの利点について

以下の利点が上げられます。

  • 血清内の未知の成分の影響を排除します。
  • 既知の成分を必要とする医療用アプリケーションについて、直接または、間接的にサポートします。
  • 伝染病による健康リスクを排除します。
  • Lot間差が少ない。
pagetop

【05】 使用前に、Nutristem® hPSC XFにTGF-βとbFGFを加えるべきですか?

加える必要はございません。NutriStem® hPSC XFは、TGF-βとbFGFを含みます。

pagetop

【06】 Nutristem® hPSC XFは、殺菌試薬の添加は必要ですか?

無菌作業および無菌の培養環境を維持する用途には、本培地は推奨されません。

pagetop

【07】 どのくらいの期間、未分化状態を維持できますか?

培養条件や細胞の起源によりますが、50継代以上未分化状態を維持できます。

pagetop

【08】 多能性幹細胞の初期リプログラミングの後の播種条件について

誘導プロトコルに従って、細胞を播種する必要がございます。

pagetop

【09】 ヒト多能性幹細胞(ES/iPS)を培養したときのNutriStem® XF培地と他社培地との比較データはありますか?

下記のグラフがヒトES細胞H1株をNutriStem® hPSC XF培地と他社培地で培養したときの比較データです。 96 ウェルプレートに継代数6 のH1 細胞を播種し、24 時間ごとに培地交換を行い細胞数を測定しました。他社培地に比べてNutriStem® hPSC XF培地の方が良好に細胞が生育している事が確認できました。

BLG_NutriStem_hESCXF_FAQ_1.gif

pagetop

2. 多能性細胞の継代について

【10】 継代なしで、どのくらいの期間維持できますか?

15%を超える分化を示さない場合、またはコロニーが成長して互いに接触しない場合でも、フィーダー細胞が培養されるため、フィーダー依存の培養は、継代培養から1週間後に新しいコーティングプレートに再播種する必要があります。 フィーダー細胞は古くなり、多能性コロニーの支持が低下します。

pagetop

【11】 継代後の培地交換はいつ行えばよいですか?

継代後、48時間以内の培地交換は行わないでください。

pagetop

3. 分化培養について

【12】 なぜ分化細胞を培養から除外する必要がありますか?

多能性細胞は、未分化の外観を持っている必要がございます。分化率が15%を超える場合、均一な培養ではございません。そのため、分化細胞を示すコロニーがある場合は、コロニーを手動で除去する必要があります。

pagetop

【13】 なぜ、多能性細胞に分化がありますか?

分化が開始する理由として、培養中の環境(温度、CO2濃度、pHの変化)、継代数、培地交換など、いくつかの物理的、生化学的な理由があります。
物理的、生化学的な理由のため、同じ細胞、同じ培養条件でも、分化率が異なる場合がございます。

pagetop

4. 凍結保存について

【14】 多能性細胞の保存には、どの凍結保存培地を使用するべきですか?

推奨の凍結保存培地は、NutriFreez® D10 Cryopreservation Mediumです。この凍結保存培地は、ヒトiPS細胞、ES細胞で試験を行っております。また、動物由来成分フリー (ACF) の凍結保存培地で、DMSOとメチルセルロースを含みます。
この凍結保存培地で保存した多能性細胞は、解凍後、非常に良好な回復を示します。

pagetop

【15】 凍結保存の推奨比率はどのくらいですか?

1 mlの凍結バイアルに、6ウェルプレート1ウェルに継代した細胞を保存してください。

pagetop

【16】 多能性細胞はどのくらいの期間、保存可能ですか?

液体窒素 (液相または気相) での保存を行っている限り、期間の制限はございません。

pagetop

【17】 凍結培地に血清を加える必要はありますか?

血清を加える必要はござません。NutriFreez® D10 Cryopreservation Mediumをご使用ください。

pagetop

5. NutriStem® hPSC XFの保存条件と安定性について

【18】 NutriStem® hPSC XF培地は、使用前にどのように保管する必要がありますか?

NutriStem® hPSC XF培地は凍結保存(-20°C)されています。 培地は2〜8℃または室温で解凍し、適切な量に分注し、再凍結する必要があります。 無菌状態で分注されている限り、培地の有効期限はボトルに記載されているとおりです。
解凍した培地は、暗所で2〜8°Cで最大2週間保存できます。

pagetop

【19】 NutriStem® hPSC XF培地で実行可能な、凍結融解サイクルは何回までですか?

培地は2回解凍することができます。最初の解凍は元のボトルを分注するとき、2回目は培地で作業するときに解凍します。

pagetop

【20】 解凍後に沈殿物が現れた場合はどうすればよいですか?

NutriStem® hPSC XF培地には沈降を引き起こす成分が含まれていないため、使用しないでください。

pagetop

【21】 NutriStem® hPSC XF培地が部分的に解凍された場合、どうすればよいですか?

部分的に解凍した培地を再凍結することは推奨しません。部分的に解凍した培地は、再凍結する前に完全に解凍し、穏やかに混合して再度凍結する必要があります。

pagetop

【22】 NutriStem® hPSC XF培地に細胞を移した場合、細胞は適応が必要ですか?

ほとんどの系統では適応を必要とせず、NutriStem® hPSC XF培地に細胞を直接播種するだけです。
一部の系統では、最初の数回の継代で徐々に適応させるか、bFGFの濃度を上げる必要があります。

pagetop

【23】 NutriStem® hPSC XF培地を使用すると色が変わるのはなぜですか?

NutriStem® hPSC XF培地には、pH指示薬であるフェノールレッドが含まれています。 酸性化の場合、培地の色が黄色に変わります。 アルカリ物質にさらされると、培地の色が紫色に変わります。 いずれの場合も培地は使用しないでください。

pagetop

© COSMO BIO