商品情報

研究用

ヒトiPS 細胞/ES細胞用のフィーダーフリー培養、シングルセルクローニングが可能なゼノフリー培地 ヒトiPS 細胞/ES細胞用培地 NutriStem® hPSC XF

このエントリーをはてなブックマークに追加

NutriStem® hPSC XF ヒトiPS/ES細胞用ゼノフリー培地

NutriStem® hPSC XF 培地は、ヒトiPS/ES細胞培養用に最適化されたゼノフリー(Xeno-Free;XF)培地です。異種の動物由来成分を含まず、すべてヒト由来のタンパク質で構成されます。フィーダーフリー(Matrigel® コート) /オンフィーダー(MEF、HFF)のどちらの条件でも、未分化能を維持した長期培養を可能にします。

  * 無料サンプルは1研究室あたり1点のみです。
 
 

«「特集 : 多能性幹細胞の培養」へ戻る

Biological Industries社はSarutriusグループに加わりました

特長

  • Ready-to-use: ワンボトルタイプで、用時調製する必要なし(アラニルグルタミンやサプリメントを含有済み)
  • ヒト由来の精製もしくはリコンビナントタンパク質を含みます。
     - ヒト組換えタンパク質:bFGF(低濃度)、TGF β、insulin
     - ヒト由来タンパク質:アルブミン、トランスフェリン
  • フィーダーフリー培養(Matrigel® 、iMatrix、ラミニン521、ビトロネクチン等)、フィーダー培養条件(HFF、MEF)の両方で培養可能
  • 優れた増殖が可能(例:H9.2、I6、I3.2、H1)
  • 長期間培養(50 継代以上)を確認済
  • 細胞の多能性を維持を確認済
    (胚様体形成およびテラトーマ形成)
  • 正常な表現型および核型を維持
  • 使用文献100報以上!!
  • シングルセルでの継代が可能(下記「お客様の声」「TOPICS」参照)

製品データ

ヒト ES 細胞 H1 株 ヒト iPS 細胞 ACS-1014 株

NutriStem® hPSC XF 培地を用いてマトリゲル上でフィーダーフリー培養した幹細胞の形態写真
左:ヒト ES 細胞 H1 株
右:ヒト iPS 細胞 ACS-1014 株(63 歳白人男性のパーキンソン病患者皮膚由来iPS細胞)

NutriStem® hPSC XF 培地または他社血清フリー培地で、96 well プ レートに6 継代まで培養したヒトES 細胞H1 株を播種し、24 時間 ごとに培地交換を行い、細胞数を測定した。NutriStem® hPSC XF 培 地を使用して、他社培地と同等以上の細胞増殖が確認できた。
他社培地との性能比較
NutriStem® hPSC XF 培地または他社血清フリー培地で、96 well プレートに6 継代まで培養したヒトES 細胞H1 株を播種し、24 時間ごとに培地交換を行い、細胞数を測定した。NutriStem® hPSC XF 培地を使用して、他社培地と同等以上の細胞増殖が確認できた。

お客様の声

シングルセルクローニングが可能!! iMatrix-511 でも培養できます。

データご提供:近畿大学医学部附属病院 高度先端総合医療センター 再生医療部 竹原 俊幸 先生

iMatrix-511 を使用したフィーダーフリー培養マトリゲルを使用したフィーダーフリー培養マトリゲルを使用したシングルセル培養 (Y-27632 添加)

NutriStem hPSC XF 培地(品番:05-100-1A)を使用して培養したヒト iPS 細胞(409B2 株)の形態写真
左:iMatrix-511 を使用したフィーダーフリー培養、中央:マトリゲルを使用したフィーダーフリー培養
右:マトリゲルを使用したシングルセル培養 (Y-27632 添加)

他社培地は増殖が良いのですが培養中の細胞死が多く、株によっては適さないものもありました。しかしながら Nutristem 培地は、細胞への影響に株差は少なく、生存率及び増殖能が高く維持されておりました。

また、完全に未分化状態を維持しているというよりは培養中に分化細胞が多少出現してくることから、自然に未分化維持が行えているような印象を持ちました。

さらに、シングルセルから増殖させることができるため、遺伝子導入を行った過剰発現株の作製だけでなく CRISPR/Cas9 システムを利用したゲノム編集など、遺伝子改変細胞株のシングルセルでの単離やその後の培養にも容易に行うことができました。
また、NutriStem 培地で培養した株は正常な核型を維持しておりました。

NutriStem® 培地で培養したヒトES 細胞の未分化状態の評価

■ フローサイトメトリーによるマーカー発現解析

MSC NutriStem® XF 培地または他社培地を用いてヒトES 細胞H1 株を6 継代まで培養し、フローサイトメトリーにてSSEA-4 と Oct-4 の発現を確認した。MSC NutriStem® XF 培地にて培養した細胞にて両マーカーは90%以上の陽性を示した。
NutriStem® hPSC XF 培地または他社培地を用いてヒトES 細胞H1 株を6 継代まで培養し、フローサイトメトリーにてSSEA-4 と Oct-4 の発現を確認した。NutriStem® hPSC XF 培地にて培養した細胞において、両マーカーは90%以上の陽性を示した。

■ qPCR によるマーカー遺伝子発現解析

各々の培地にてES 細胞株H9.2 株を2 継代まで培養し、qPCR にてOct-4, Nanog, およびFGF-4 の発現を確認した。 オンフィーダー条件ではAF NutriStem® hPSC XF 培地で培養した条件が最も強い発現を示した(左)。 フィーダーフリー条件ではHSA を含むNutriStem® hPSC XF 培地で培養した条件が最も強い発現を示した(右)。
各々の培地にてES 細胞株H9.2 株を2 継代まで培養し、qPCR にてOct-4, Nanog, およびFGF-4 の発現を確認した。
オンフィーダー条件ではAF NutriStem® hPSC XF 培地で培養した条件が最も強い発現を示した(左)。
フィーダーフリー条件ではHSA を含むNutriStem® hPSC XF 培地で培養した条件が最も強い発現を示した(右)。

■ 免疫蛍光染色法による解析

多能性マーカーの免疫蛍光染色写真
多能性マーカーの免疫蛍光染色写真
ヒト ES 細胞 H1 株を SSEA-4 および Oct-4 にて免疫蛍光染色した。

NutriStem® 培地で培養したヒトES 細胞の多能性の評価

■ テラトーマ形成試験

オンフィーダー条件、AF NutriStem® hPSC 培地で11 継 代まで培養したヒトES 細胞H9.2 株をSCID-Beige マウス の後肢筋肉から注入し、テラトーマ形成試験を行なった。 12 週間後、下記の三胚葉性の組織をH&E 染色組織切片 から同定した。 (A) 軟骨(中胚葉:矢印C)、円柱上皮(内胚葉:矢印E) (B) 神経ロゼット(外胚葉:矢印N)
オンフィーダー条件、AF NutriStem® hPSC 培地で11 継代まで培養したヒトES 細胞H9.2 株をSCID-Beige マウスの後肢筋肉から注入し、テラトーマ形成試験を行なった。
12 週間後、下記の三胚葉性の組織をH&E 染色組織切片から同定した。
(A) 軟骨(中胚葉:矢印C)、円柱上皮(内胚葉:矢印E)
(B) 神経ロゼット(外胚葉:矢印N)

■ 胚様体形成試験

ヒトES 細胞H9.2 株をMatrigel® コート条件、NutriStem® hPSC XF 培地で16 継代まで培養した後、胚様体形成試験を行なった。 血清含有培地にて14 日間浮遊培養した胚様体のH&E 染色組織切片から下記細胞タイプを同定した。
ヒトES 細胞H9.2 株をMatrigel® コート条件、NutriStem® hPSC XF 培地で16 継代まで培養した後、胚様体形成試験を行なった。
血清含有培地にて14 日間浮遊培養した胚様体のH&E 染色組織切片から下記細胞タイプを同定した。
(A) 神経ロゼット(外胚葉)
(B) 神経ロゼットのチューブリン染色
(C) 原始血管(中胚葉)
(D) 巨核球(中胚葉)

NEW TOPICS!NutriStem でのiPS細胞ゲノム編集

シングルセルでの継代・クローニングが可能!ゲノム編集で有用

iPS 細胞のシングルセルでの継代およびクローニングは、近年注目されている ゲノム編集技術 をiPS 細胞で使用する上で非常に有用となります。
NutriStem
は、Laminin-521 をコートしたプレート上で、ROCK inhibitor を使用することなく高い生存率でのシングルセル継代が可能です。また、Laminin-521/ E-cadherin をコートしたプレート上では高効率なクローニングが可能となります。

注目文献
1. S. Rodin et al ., Clonal culturing of human embryonic stem cells on laminin-521/E-cadherin matrix in defi ned and xeno-free environment. Nature Communications 5, 3195, 2014. [PMID : 24463987]
2. S. Rodin et al ., Monolayer culturing and cloning of human pluripotent stem cells on laminin-521–based matrices under xenofree and chemically defi ned conditions. Nature Protocols 9, 2354–2368 2014 [PMID : 25211513]

NutriStem® hPSC XF ヒトES/ iPS 細胞用ゼノフリー培地

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Nutristem(R) hPSC XF詳細データ SSJ 05-100-1A 500 ML
¥33,000
Nutristem(R) hPSC XF詳細データ SSJ 05-100-1B 100 ML
¥8,000

[関連商品]LaminStem

ヒトES/iPS細胞のフィーダーフリー培養でマトリゲル(Matrigel)の代替として使用できる、動物由来成分不含のリコンビナントタンパク質です。

 

[商品詳細]

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
LaminstemTM 521詳細データ SSJ 05-753-1F 1 ML
¥26,000

[関連商品]

技術情報

NutriStem® 使用文献情報

NutriStem® and Cardiomyocytes

  1. P. Menasché et al. Human embryonic stem cell-derived cardiac progenitors for severe heart failure treatment: first clinical case report. European heart journal (2015): ehv189.
  2. L. Jacquet et al. Three Huntington?s Disease Specifi c Mutation-Carrying Human Embryonic Stem Cell Lines Have Stable Number of CAG Repeats upon In Vitro Diff erentiation into Cardiomyocytes. PloS one 10.5, 2015
  3. S. Rajasingh et al. Generation of Functional Cardiomyocytes from Efficiently Generated Human iPSCs and a Novel Method of Measuring Contractility. PloS one 10.8, 2015: e0134093.
  4. W. Siqin et al. Spider silk for xeno-free long-term self-renewal and differentiation of human pluripotent stem cells. Biomaterials 35.30 (2014): 8496-8502.
  5. E. Di Pasquale et al. Generation of human cardiomyocytes: a differentiation protocol from feeder-free human induced pluripotent stem cells. JoVE (Journal of Visualized Experiments) 76 (2013): e50429-e50429
  6. G. Földes and M. Mioulane. High-content imaging and analysis of pluripotent stem cell derived cardiomyocytes. Imaging and Tracking Stem Cells. Humana Press, 2013.
  7. P.W. Burridge and E.T Zambidis Highly efficient directed differentiation of human induced pluripotent stem cells into cardiomyocytes. Pluripotent Stem Cells. Humana Press, 2013.

Differentiation of Pluripotent Stem Cells

  1. A.P. Reyes et al. Xeno-Free and Defined Human Embryonic Stem Cell-Derived Retinal Pigment Epithelial Cells Functionally Integrate in a Large-Eyed Preclinical Model. Stem Cell Reports, 2015
  2. M.V. Krivega et al. Cyclin E1 plays a key role in balancing between totipotency and differentiation in human embryonic cells. Mol. Hum. Reprod, 2015
  3. S. Rajasingh et al., Generation of Functional Cardiomyocytes from Efficiently Generated Human iPSCs and a Novel Method of Measuring Contractility. PloS one, 2015

Different Basement Matrices

  1. S. Rodin et al., Monolayer culturing and cloning of human pluripotent stem cells on laminin-521–based matrices under xeno-free and chemically defined conditions. Nature Protocols 9, 2354–2368 (2014) doi:10.1038/nprot.2014.159
  2. S. Rodin et al., Clonal culturing of human embryonic stem cells on laminin-521/E-cadherin matrix in defined and xeno-free environment. Nature Communications 5, Article number: 3195, 2014

Growing Methods of hPSC and IPSC (Derivation, Expansion, Scaling up and Suspension)

  1. Y.Y. Lipsitz, P.W. Zandstra, Human pluripotent stem cell process parameter optimization in a small scale suspension bioreactor. BMC Proceedings, 2015
  2. S. Eminli-Meissner et al. A novel four transfection protocol for deriving iPS cell lines from human blood-derived endothelial progenitor cells (EPCs) and adult human dermal fibroblasts using a cocktail of non-modifi ed reprogramming and immune evasion mRNAs. Sientific Poster, REPROCELL, 2015
  3. S. Wu et al. Efficient passage of human pluripotent stem cells on spider silk matrices under xeno-free conditions. Cellular and Molecular Life Sciences, 2015
  4. S. Gregory et al. Autophagic response to cell culture stress in pluripotent stem cells. Biochemical and Biophysical Research Communications, doi:10.1016/j.bbrc.2015.09.080, 2015
  5. H Tateno et al., Undifferentiated Cell Detection Method And Complex Carbohydrate Detection Method. US Patent 20,150,204,870, 2015
  6. S. Herz, Optimization of RNA-based transgene expression by targeting Protein Kinase R. Dissertation for the degree “Doctor rerum naturalium”, 2015
  7. J. Lenzi et al., ALS mutant FUS proteins are recruited into stress granules in induced Pluripotent Stem Cells (iPSCs) derived motoneurons. Disease Models & Mechanisms, 2015
  8. N. Desai, P Rambhia and A. Gishto, Human embryonic stem cell cultivation: historical perspective and evolution of xeno-free culture systems. Reproductive Biology and Endocrinology 13.1 (2015): 9.
  9. T. Yokobori et al., Intestinal epithelial culture under an air ‐ liquid interface: a tool for studying human and mouse esophagi. Diseases of the Esophagus, 2015
  10. T Cerbini et al., Transfection, Selection, and Colony-picking of Human Induced Pluripotent Stem Cells TALEN-targeted with a GFP Gene into the AAVS1 Safe Harbor, JoVE (Journal of Visualized Experiments), 2015
  11. L Healy, L Ruban, Derivation of Induced Pluripotent Stem Cells, Atlas of Human Pluripotent Stem Cells in Culture, 2015
  12. N.Y. Thakar et al., TRAF2 recruitment via T61 in CD30 drives NF κ B activation and enhances hPSC survival and proliferation, Molecular Biology of the Cell, 2015
  13. M. Amit, J. Itskovitz-eldor. Novel Methods and Culture Media for Culturing Pluripotent Stem Cells. US Patent 20,130,236,961, 2013
  14. M. Amit, J. Itskovitz-Eldor. Atlas of Human Pluripotent Stem Cells: Derivation and Culturing. Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, 2012

For Clinical Applications- Derivation and Expansion of hPSC and IPSC

  1. A. P. Reyes et al. Xeno-Free and Defined Human Embryonic Stem Cell-Derived Retinal Pigment Epithelial Cells Functionally Integrate in a Large-Eyed Preclinical Model. Stem Cell Reports, Vol. 6, 2016
  2. M. Di Salvio et al. Pur-alpha functionally interacts with FUS carrying ALS-associated mutations. Cell Death & Disease, 2015
  3. L. de Oñate et al. Research on Skeletal Muscle Diseases Using Pluripotent Stem Cells. DOI: 10.5772/60902, 2015
  4. P. Menasché et al., Towards a Clinical Use of Human Embryonic Stem Cell-Derived Cardiac Progenitors: A Translational Experience.
  5. T. Seki, K. Fukuda, Methods of induced pluripotent stem cells for clinical application, World Journal of Stem Cells, 2015
  6. S. Abbasalizadeh, H. Baharvand. Technologies progress and challenges towards cGMP manufacturing of human pluripotent stem cells based therapeutic products for allogeneic and autologous cell therapies. Biotechnology Advances, 2013.
  7. J. Durruthy-Durruthy et al., Rapid and Effi cient Conversion of Integration-Free Human Induced Pluripotent Stem Cells to GMP-Grade Culture Conditions. PlOS one, 2014

関連情報

BLG_Mycoplasma_banner.jpg
感染予防用殺菌剤 Pharmacidal, AQUAGUARD マイコプラズマ除去用抗生物質 BIOMYC シリーズ EZ-PCR マイコプラズマ PCR 検出キット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO