• ホーム
  • 商品情報
  • 特集:レンチウイルス(レンチウイルスベクターシステム)

記事ID : 12046
研究用

Lentiviral Vector System特集:レンチウイルス(レンチウイルスベクターシステム)

print このエントリーをはてなブックマークに追加

レンチウイルス(レンチウイルス発現ベクター)は、哺乳類細胞やモデル動物に、エフェクター分子(shRNA, miRNA, cDNA, DNA断片、アンチセンス、リボザイムなど)やレポーターコンストラクトを導入し、安定発現させるための優れたツールです。

コスモ・バイオでは、レンチウイルスベクターによる遺伝子導入をサポートする製品を広く取り揃えています。近年ゲノム編集ツールとして関心の高い CRISPR-Cas9 システムのレンチウイルス導入商品 も注目です。

背景

レンチウイルスとは?

レンチウイルス(レンチウイルス発現ベクター/Lentiviral Vector System)は、非分裂細胞を含むほぼ全ての哺乳動物細胞やモデル動物全体に異なるエフェクター分子(shRNA,miRNA, cDNA, DNA断片、アンチセンス、リボザイムなど)またはレポーターコンストラクトを導入し定常発現させるうえで最も効果的な媒体の1つです。偽ウイルス粒子にレンチウイルスがパッケージングされた発現コンストラクトは非常に高い効率で細胞に導入することができ、細胞腫によってはほぼ100%に近い導入効率が得られます。パッケージされたレンチウイルスコンストラクトは、初代培養細胞、幹細胞、分化細胞といった最も導入困難と言われる細胞へも高効率で導入できるケースが多々あります。

導入されたレンチウイルス発現コンストラクトは細胞内のゲノムDNAに組込まれ、siRNA, cDNAまたはレポーター遺伝子の定常的な長期発現を行います。内在性発現したsiRNAエフェクターは長期にわたり標的遺伝子のサイレンシングを行うため、 定常的にノックダウンの表現型を示す機能解析用の細胞株や遺伝子組換え体が構築できます。また、ゲノムに組込まれたウイルスコンストラクトから全長cDNA発現させることで、細胞の表現型における機能獲得型効果を研究するうえで有用なツールを構築することができます。レンチウイルスベクターは、このような個々の標的遺伝子の機能獲得型/抑制型の研究のほかに、Cellecta(CLT)社のプール型shRNAライブラリー のような網羅的な遺伝子探索スクリーニングにおいても理想的なデリバリーシステムといえます。

レンチウイルス発現ベクターには、パッケージング、トランスダクション、ウイルス発現コンストラクトのゲノムDNAへの定常的な組込み、およびsiRNA/miRNA/cDNA/レポーター発現に必須の遺伝因子が含まれています。高タイターの偽ウイルスを産生するため、発現コンストラクトとパッケージングプラスミドをプロデューサー細胞(例:HEK 293T細胞)に同時導入する必要があります。レンチウイルスパッケージングプラスミドは、発現コンストラクトのRNAコピーを組換え体の偽ウイルス粒子に転写およびパッケージングするうえで必須なタンパク質をコードしています。

発現ベクター等をプロデューサー細胞にトランスフェクションした後、パッケージングに必要な機能的要素(例:Psi, RRE, cPPT)を保有する全ての転写物が大量産生します。発現コンストラクトの転写物は、パッケージングプラスミドより産生したヘルパータンパク質とともに水疱性口内炎ウイルス(VSV-G)偽型ウイルス粒子に効率的にパッケージされます。偽ウイルス粒子にパッケージされた発現コンストラクトはプロデューサー細胞より培養液中に分泌されるため、標的細胞への発現コンストラクトの導入に直接使用することも可能です。VSV-G偽型ウイルス粒子は、脂質結合や細胞膜融着を介したウイルス侵入を効率よく媒介し、哺乳動物または哺乳動物以外の標的細胞に感染します。

偽ウイルス型レンチウイルスは、神経細胞、樹状細胞、内皮細胞、網膜細胞、膵臓細胞、肝細胞、大動脈平滑筋細胞、気道上皮細胞、皮膚の繊維芽細胞、マクロファージを始めとする多くの細胞種への感染に利用されています。また、レンチベクターを筋肉、脳、気道上皮、肝臓、膵臓、網膜および皮膚に直接in vivo送達し、導入遺伝子発現させることも良好に行われています。

Cosmo Bio would like to acknowledge and thank the Cellecta, Inc. for providing Lenti Virus information presented here.

注意:レンチウイルス粒子は「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象品です。ご使用に際しては規制に即し適切にお取り扱いください。

コスモ・バイオで取り扱っているレンチウイルス製品を下記にご紹介します。

コスモ・バイオで取り扱っているレンチウイルス製品

レンチウイルスを応用した遺伝子探索スクリーニング製品
メーカー 商品 特長
CLT プール型レンチウイルスshRNA ライブラリー
  • 低コストかつ少人数でのゲノムワイド遺伝子探索実験を実現
  • コンプレキシティの高いプール型ライブラリーを効率よく、かつ広範囲な細胞種に導入可能
  • 細胞分裂の活発な細胞、非分化細胞のいずれにも導入可能
タンパク質発現
メーカー 商品 特長
CBL ViraSafe™ レンチウイルス発現システム
  • フレキシブル :ベクターは安全性、また使用比率を最適化していただくために、別包装で供給
CBL ViraSafe™ レンチウイルス発現ベクター
  • マルチクローニングサイト:お好みの標的遺伝子を挿入可能
  • 第二世代および第三世代のどのレンチウイルスパッケージングシステムにも互換性
  • 7kb までの大きさのインサート配列を挿入可能
cDNAクローン
メーカー 商品 特長
GCP OmicsLink™ Expression-Ready ORF cDNA Clone
  • タグやセレクションマーカーの選択肢が豊富!(HIV骨格:48種類、FIV骨格:47種類)
  • Expression-Ready:すぐに発現可能。時間を節約
  • 豊富なORF クローン数:完全長のヒト及びマウスのクローンを45,000 種以上ご用意
  • 配列確認済
ORG TrueORF® Gold クローン
  • C-terminal Myc-DDK tag または mGFP tagを選択可能
  • タグ抗体によるウェスタンでタンパク質発現確認済
  • 豊富なORF クローン数:15,000 クローン以上. クローン数は 随時増えています
  • シークエンスを完全に確認済み
  • Transfection ready
si/shRNA発現レンチウイルスコンストラクト
メーカー 商品 特長
APB i‐Lenti™ siRNA発現ベクターコンストラクト
  • 1コンストラクト ¥15,000〜のお手頃価格!
  • しかもノックダウン保証つき!(4コンストラクトご利用の場合)
  • 安定: DNAの再編成がほとんどなく非常に安定
  • ヘアピンループ型のsiRNAベクターを用いずにH1/U6プロモーターを使用
  • トランスフェクションにもウイルスインフェクションにも使用可能
GCP OmicsLink™ shRNA クローンコレクション
  • shRNAのターゲット配列は、独自のアルゴニズムで選択
  • オフターゲット効率は最小限
  • ベクタープラスミドのトランスフェクションやウイルスの導入効率は、EGFPレポータータンパク質で確認可能
  • レンチウイルスベクターは、非分裂細胞やトランスフェクションが困難なセルラインでも効果的に形質導入できます。
  • 70%以上のノックダウン効率を保証
ORG HuSH-29 ゲノムワイド shRNA プラスミド
  • 21merよりも効果的な29merのショートヘアピン構造のshRNA
  • GFPレポーターで導入のモニタリングが可能
  • 70%以上の遺伝子ノックダウンを保証
SCB shRNA プラスミド(プール型)
  • 19 〜25nt(+ヘアピンループ)のレンチウイルスベクタープラスミドを3種類プール
  • shRNA 配列は、サンタクルズ社のsiRNA遺伝子サイレンサー製品と同一
shRNA発現レンチウイルス粒子
メーカー 商品 特長
SCB shRNA レンチウイルス粒子
  • 19 〜25nt(+ヘアピンループ)のレンチウイルスベクタープラスミドを3種類プール
  • shRNA 配列は、サンタクルズ社のsiRNA遺伝子サイレンサー製品と同一
    Ready-to-use:200μl(1 x 106 IFU)のウイルス粒子
shRNAベクターシステム
メーカー 商品 特長
BOT shRNAベクターシステム
  • Ready-to-use:制限酵素処理やベクター精製は必要なし。
  • 簡単なクローニング
  • 高効率、低バックグラウンド:
  • 経済的:1本のオリゴDNAを用意するだけでshRNA発現クローンの作製が可能
pre-miRNA発現レンチウイルスコンストラクト
メーカー 商品 特長
GCP miExpress™ Precursor miRNA 発現クローン
  • 非分裂細胞や導入が困難な細胞にも簡単デリバリー
  • 安定化細胞株選択マーカー(ネオマイシン)により、長期と一過性発現の両方の調節研究が可能
  • 導入効率はeGFP レポータータンパク質で簡単にモニタリング
  • miRNA 発現コンストラクトの発現カセットはすべてシークエンス確認済
BOT miRNA レンチウイルス発現ベクター & miRNA レンチウイルス粒子
  • イントロン内でのmiRNAプロセスが選択マーカーの発現に与える影響を最小限に
  • ヒトEF1αプロモーターの利用で、細胞内での発現抑制なし
  • 赤色蛍光 puromycin-N-acetyl-トランスフェラーゼでモニタリング可能
  • miRNA発現用レンチウイルス粒子は、1×107IU/mLとしてご提供
miRNAインヒビター発現レンチウイルスコンストラクト
メーカー 商品 特長
BOT miR-Locker miRNA阻害用レンチウイルスコンストラクト
  • レンチウイルス発現システムを用いることで、長時間miRNAを抑制
  • 多数のヒトおよびマウスmiRNAに対する製品をご提供
  • 1 mL大腸菌グリセリンストックの状態でご提供
iCRISPR-Cas9 ゲノム編集用ガイドRNA
メーカー 商品 特長
APB iCRISPR-Cas9 ゲノム編集用ガイドRNAライブラリー
  • Cas9発現
    • 野生型Cas9ヌクレアーゼ
    • 改変型Cas9ニッカーゼ
    • レンチウイルスベクター
    • パッケージ済みレンチウイルス
    • パッケージ済みアデノウイルス
  • ゲノムワイドiCRISPR sgRNAライブラリー
    • レンチウイルスベクター
    • パッケージ済みレンチウイルス
    • パッケージ済みアデノウイルス
      ヒト、マウス、ラット
レンチウイルス濃縮試薬
メーカー 商品 特長
ORG ORIGENE社 レンチウイルス濃縮試薬
  • ウイルスの力価を最大100倍に向上
  • 混合して遠心するだけの簡単な操作で、超遠心は不要
  • スケールアップが容易
  • 凍結融解によるダメージから保護
メーカー 商品 特長
GCP Lenti-Pac™ レンチウイルス濃縮溶液
  • レンチウイルスの回収率:90%以上
  • 力価(転写 Units/f)を10×〜100×に向上させます。
  • 全てのタイプのレンチウイルス粒子に対応可能です。
  • 全行程を3時間以内で行えます。
  • 超遠心は不要です。
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO