最新情報

学会セミナー情報

ランチョンセミナーのお知らせ 12月3日(火) (第42回日本分子生物学会年会)

3'mRNA-Seqを利用した網羅的遺伝子発現解析
Comprehensive gene expression analysis using 3 'mRNA-Seq

演者 :
長谷川 嘉則 先生
演者ご所属 :
公益財団法人かずさDNA研究所 ゲノム事業推進部
臨床オミックス解析グループ 遺伝子分析チーム
日時 :
2019年12月3日(火) 12:10 〜 13:00
会場 :
福岡国際会議場 第6会場 (409 + 410)

要 旨

次世代シークエンス (NGS)技術の登場以来、10年が経過し、遺伝子発現の網羅的な解析にはRNA-Seqが広く利用されています。RNA-Seqは遺伝子全長のシークエンスを行うので、遺伝子発現だけでなく、融合遺伝子の検出・新規スプライシングバリアントの検出にも利用されています。データ解析に必要なリード数は、例えばヒトサンプルの場合は、paired-end(リードの両方向から読む)で2000万〜3000万リードを要します。一方、3'mRNA-Seqは遺伝子の3'端だけを集中的に読むので、必要リード数は、single-read(リードの片方向から読む)で100万~150万リード読めば十分です。遺伝子発現解析が目的の場合は、3'mRNA-Seqの利用によってシークエンスコストを大幅に削減することが可能となります。我々は、Lexogen社のQuantSeqキットを使用して、3'mRNA-Seqを行っています。QuantSeqキットは、作業工程が比較的容易なので1日でライブラリー作製が可能であり、多検体を処理する時には96-wellプレートを使用してライブラリー作製を行なっています。また、プロトコールの条件検討を行った結果、1細胞の解析にも十分利用出来るようになりました。さらには、FFPEサンプルについての解析にも利用しています。これまでに、各種培養細胞、ヒトiPS細胞、臨床検体を含むヒト組織、マウス組織、ゼブラフィッシュ組織等、様々なサンプルについて解析を進めてきました。これまでのQuantSeqキットの活用例を紹介させていただきます。

コスモ・バイオ(株)より、次世代シークエンス関連製品および、3'mRNA-SeqとDIAプロテオーム解析を組み合わせたマルチオミックス解析受託サービスをご紹介いたします。

Lexogen GmbH株式会社かずさゲノムテクノロジーズ
整理券

本学会ランチョンセミナーは整理券制です。

  • 配布日時:開催当日(12/3) 8:00〜10:30 (無くなり次第終了)
  • 配布場所:福岡国際会議場1F
お問合せ コスモ・バイオ株式会社 製品情報部 セミナー事務局
TEL: 03-5632-9622
email: seminar@cosmobio.co.jp

学会情報

コスモ・バイオ(株)第42回分子生物学会年会 展示会にも出展します。
期間 2019年12月3日(火)〜12月6日(金)
会場 マリンメッセ福岡 2F
当社ブース 展示ブース番号 70
学会ホームページ 第42回日本分子生物学会年会 [外部リンク]

LEXOGEN 日本語カタログ無料配布中!

資料コード : 12889
メーカー略号 : LEX

一歩先を行く解析ツールをウィーンからお届けします。
transcriptome解析を得意とするLexogen社のRNAシークエンス解析(NGS)用ライブラリ構築キットのカタログです。高感度で再現性の高い解析が可能です。

請求する[無料]

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO