商品情報

記事ID : 42986
研究用

AAT Bioquest NEWS 2021年 10月号_1 ミトコンドリア膜電位プローブ:JC-1からJC-10™への進歩

このエントリーをはてなブックマークに追加

aat-bioquest-news-202110-1-abd_01.png
図.JC-1とJC-10™プローブの比較。
Jurkat細胞において、カンプトテシンによるΔΨmの変化をJC-1とJC-10™で測定した。
カンプトテシン処理後、JC-1とJC-10™のダイローディング溶液を加え、30分間インキュベートした。
その後、マイクロプレートリーダーを用いて蛍光強度を測定した。

電子伝達系によって生み出されるミトコンドリア膜電位(ΔΨm)は、ミトコンドリアが正常に機能するための重要なパラメータです。
市販されている数多くのデュアル蛍光プローブの中でも、JC-1はフローサイトメトリーによるΔΨmの測定に広く使用されています。
しかし、JC-1は水溶性が低く、一部の用途では使用が困難です。
1µMの濃度でも、水性バッファーではJC-1は沈殿する傾向があります。

JC-10™は、高濃度の色素が必要な場合のJC-1の代替品として開発されました。
JC-10™は、JC-1と比べて水への溶解性が非常に高くなっています。
また、JC-10™は、ミトコンドリアに選択的に侵入することができ、膜電位の上昇に伴って緑色からオレンジ色へと可逆的に色を変化させます。

【関連ページ】

商品情報

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
JC-10 *Superior alternative to JC-1*詳細データ ABD 22204 5*100 UL
¥20,000
JC-1 [5,5,6,6-Tetrachloro-1,1,3,3-tetraethylbenzimidazolylcarbocyanine iodide]詳細データ ABD 22200 5 MG
¥20,000
pagetop

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「ミトコンドリア膜電位プローブ:JC-1からJC-10™への進歩」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO