• ホーム
  • 商品情報
  • アデノウイルス作製受託サービス SignaGen社:独自の Ad.MAX™  システムでアデノウイルス産生を最大化します!

商品情報

記事ID : 13604
研究用

独自の Ad.MAX™  システムでアデノウイルス産生を最大化します!アデノウイルス作製受託サービス
SignaGen社:独自の Ad.MAX™  システムでアデノウイルス産生を最大化します!

SignaGen社:独自の Ad.MAX™  システムでアデノウイルス産生を最大化します!" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

SignaGen 社が開発した Ad.MAX™ システムは遺伝子改変したアデノウイルスパーケージング細胞(Ad.MAX™ 293細胞)とウイルスゲノム中のトランス・エレメントから構成されています。この画期的なシステムは目的遺伝子の発現を保証し、アデノウイルス産生の最大化と適切な遺伝子導入を可能にします。

参考情報

Ad.MAX™ システムとは?

Ad.MAX™ システムは遺伝子改変したウイルスパッケージング細胞 HEK293 とアデノウイルス産生を最大化するためのアデノウイルスシャトルベクター、またはアデノウイルゲノムにより構成されています。この技術のコアは改変された HEK293細胞において、ウイルス蛋白発現カセットは強く抑制される一方、アデノウイルスの複製能はそのまま維持されていることです。HEK293細胞の抑制カセットを認識するアデノウイルスゲノムのトランス・エレメントとの組み合わせにより、Ad.MAX™ システムは最小限のタンパク質発現でアデノウイルス産生を最大化します。本システムではアデノウイルスのパッケージング時にHEK293細胞に細胞死を引き起こすような毒性遺伝子をもつアデノウイルスベクターのパッケージングに非常に有効です。

 

Ad.MAX™ システム

Ad.MAX™  システム組換えアデノウイルス 5 型(E1/E3 欠損)の特長

  • 哺乳動物細胞における他の追随を許さない導入効率(ほぼ100%)
  • 目的遺伝子は宿主ゲノムへは導入されません
  • ハイレベルな一過性タンパク質発現
  • 毒性遺伝子についても対応可能
  • 最大 8kb インサートに対応可能

 

Single promoter Ad.MAX™ shuttle vector
Single promoter Ad.MAX™ shuttle vector
Dual promoter Ad.MAX™ shuttle vector
Dual promoter Ad.MAX™ shuttle vector
  • Promoterless
  • CMV
  • CAG
  • H1
  • U6
  • Synapsin
  • UBC
  • EF1α
  • ALB(1.4)
  • ApoE/AAT1
  • CaMKII
  • ELA1
  • Enh358MCK
  • cTNT
  • GFAP
  • MBP
  • SST
  • TBG
  • αMHC
  • hRPE
  • mIP1
  • tMCK
  • Promoterless
  • CMV
  • CAG
  • H1
  • U6
  • Synapsin
  • UBC
  • EF1α
  • ALB(1.4)
  • ApoE/AAT1
  • CaMKII
  • ELA1
  • Enh358MCK
  • cTNT
  • GFAP
  • MBP
  • SST
  • TBG
  • αMHC
  • hRPE
  • mIP1
  • tMCK
  • Promoterless
  • CMV
  • CAG
  • H1
  • U6
  • Synapsin
  • UBC
  • EF1α
  • CaMKII
  • cTNT
  • GFAP
  • eGFP
  • RFP
  • mRFP
  • mCherry
  • tdTOMATO
  • TurboGFP
  • eYFP
  • Venus
  • Luc
  • LacZ

アデノウイルス作製受託サービス内容

アデノウイルス作製受託サービス

サービス 受託に必要なもの 納期 納品物* 用途
Large Scale NCBI Accession #、遺伝子シンボル または 目的遺伝子を組み込んだプラスミド DNA
*パッケージング限界:ITR 間 7.5 kb
4-5 週間** 高純度・高タイター アデノウイルスストック
(>5 x 1010〜5 x 1011 PFU/ml, 2 ml)
in vivo 研究
(animal injection)
Medium Scale 高タイターアデノウイルスストック
(>2 x 1010〜2 x 1011 PFU/ml, 2 ml)
in vitro 研究
分裂・非分裂哺乳類細胞への遺伝子導入
Pilot Scale 高タイターアデノウイルスストック
(>2 x 1010〜2 x 1011 PFU/ml, 1 ml)

*アデノウイルス産生量は導入遺伝子の性質に依存します。
**目的遺伝子をSignaGen社にて合成する場合、納期は都度確認となります。

• 作業内容

  1. アデノウイルスベクターに目的遺伝子をクローニング
  2. アデノウイルスストックを作製
  3. Ad.MAX™ 293細胞(Large Scaleの場合:約 4,000 cm2、Medium Scaleの場合:約 1,000 cm2、Pilot Scaleの場合:約 500 cm2)を使用してアデノウイルスを増幅
  4. 2 回の塩化セシウム超遠心によりアデノウイルス精製(Large scale のみ)
  5. リコンビナントアデノウイルスの PFU 測定
pagetop

 

アデノウイルス増幅受託サービス

サービス 受託に必要なもの 納期 納品物* 用途
Large Scale お客様のアデノウイルスベクター または SignaGen 社の アデノウイルスベクター をご選択ください。 2-3 週間 高純度・高タイター アデノウイルスストック
(>5x1010 PFU/mL (in vivo grade), 2 mL)
in vivo 研究 (animal injection)
Medium Scale 高タイターアデノウイルスストック
(>5x1010 PFU/mL (in vitro grade), 2 mL)
in vitro 研究
分裂・非分裂哺乳類細胞への遺伝子導入

*アデノウイルス産生量は導入遺伝子の性質に依存します。

• 作業内容

  1. Ad.MAX™ 293細胞(Large Scaleの場合:約 4,400 cm2、Medium Scaleの場合:約 1,400 cm2)を用いて高タイターのリコンビナントアデノウイルスストック作製
  2. 2 回の塩化セシウム超遠心及びゲルろ過によりアデノウイルス精製(Large scale のみ)
  3. リコンビナントアデノウイルスの PFU 測定
pagetop

 

shRNA アデノウイルス作製受託サービス

サービス 受託に必要なもの 納期 納品物* 用途
Large Scale 標的遺伝子情報(NCBI accession # or 配列情報)または 検証済みshRNA配列 4-5 週間** 高純度・高タイター アデノウイルスストック
(>2 x 1010〜5 x 1011 PFU/ml, 2 ml)
in vivo 研究
(animal injection)
Medium Scale 高タイターアデノウイルスストック
(>2 x 1010〜2 x 1011 PFU/ml, 2 ml)
in vitro 研究
分裂・非分裂哺乳類細胞への遺伝子導入
Pilot Scale 高タイターアデノウイルスストック
(>2 x 1010〜2 x 1011 PFU/ml, 1 ml)

*アデノウイルス産生量は導入遺伝子の性質に依存します。

お客様で標的遺伝子に対するshRNA配列の情報が無い場合は、SignaGen社にて無償でshRNAをデザインいたします。通常80%以上のノックダウン効率が得られますが、保証するものではありませんので、予めご了承ください。
ノックダウン効率の検証も含めたshRNAのデザインをご希望の場合は、shRNA バリデーション受託サービスをご利用ください。

• 作業内容

  1. shRNA の合成とアデノウイルスベクターへのクローニング
  2. アデノウイルスストックの作製
  3. Ad.MAX™ 293 細胞(Large の場合:約 4,000 cm2、Medium の場合:約 1,000 cm2、Pilot の場合:約 500 cm2)を使用してアデノウイルスを増幅
  4. 2 回の塩化セシウム超遠心によりアデノウイルス精製(Large scale のみ)
  5. リコンビナントアデノウイルスの PFU測定
pagetop

 

shRNAアデノウイルス増幅受託サービス

サービス 受託に必要なもの 納期 納品物* 用途
Large Scale お客様のアデノウイルスベクター または SignaGen 社の アデノウイルスベクター をご選択ください。 2-3 週間 高純度・高タイター アデノウイルスストック
(>2 x 1010〜5 x 1011 PFU/ml, 2 ml)
in vivo 研究
(animal injection)
Medium Scale 高タイターアデノウイルス ストック
(>2 x 1010〜2 x 1011 PFU/ml, 2 ml)
in vitro 研究
分裂・非分裂哺乳類細胞への遺伝子導入

*アデノウイルス産生量は導入遺伝子の性質に依存します。

• 作業内容

  1. Ad.MAX™ 293 細胞(Large の場合:約 4,000 cm2、Medium の場合:約 1,000 cm2)をしようしてアデノウイルスを増幅
  2. 2 回の塩化セシウム超遠心によりアデノウイルス精製(Large scale のみ)
  3. リコンビナントアデノウイルスの PFU測定
pagetop

 

shRNA バリデーション受託サービス

セルベースリポーターシステムによる shRNA バリデーションサービスです。標的遺伝子(GOI)に対して最大6 種の shRNA をデザインし、HEK293細胞における標的遺伝子のmRNA レベルを 80% 以上ノックダウンするデザインを評価します。

• 作業内容

  1. 標的遺伝子のORF をアデノウイルスシャトルベクターにクローニング
  2. 最大 6種の shRNA をデザイン・合成し、上記シャトルベクターにクローニングして shRNA バリデーションプラスミドを作製
  3. shRNA バリデーションプラスミドをHEK293細胞へ一過的トランスフェクション
  4. FACS(GFP発現)かルミノメーター(ルシフェラーゼ発現)により標的遺伝子のサイレンシングを定量

 

shRNA アデノウイルス作製のための shRNA バリデーションプロセス

図:shRNA アデノウイルス作製のための shRNA バリデーションプロセス

pagetop

 

お見積り・ご注文方法

下記のリンクから見積のご依頼をお願い致します。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「アデノウイルス作製受託サービス SignaGen社:独自の Ad.MAX™  システムでアデノウイルス産生を最大化します!」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO