商品情報

研究用

新しいP2Y12アンタゴニスト薬の開発、検証に血小板 VASP/P2Y12アンタゴニスト活性測定キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

血小板ADP のレセプター(P2Y12)のアンタゴニストであるThienopyridine 及びそのアナログを、フローサイトメトリーで測定・モニタリングするためのキットです。

本商品は研究用試薬です。

背景

ADPは血液凝固において重要な因子の1つであり、ADP の受容体であるP2Y1とP2Y12(共にGタンパク質結合受容体)を介して血小板の活性化を促します。P2Y1はADPによる凝固反応に重要な役割を果たし、P2Y12は凝集反応の完了とさらなる凝集の引き金となります。

ASP(血管拡張因子刺激リン酸化タンパク質)は、細胞内血小板タンパク質で、基本状態ではリン酸化されていません。VASPのリン酸化は、cAMP経路によって調節されています。この経路は、PGE1(プロスタグランジン1)によって活性化される(図1-(1))一方、受容体であるP2Y12を介してADPにより阻害されます(図1-(2))。

 

原理

本商品の測定条件では、受容体P2Y12の阻害によりVASPがリン酸化され、逆に受容体P2Y12が活性化されるとADPがPGE1の働きを抑制し、VASP-Pを非リン酸化状態のVASPにします。PGE1により誘導されるVASP のリン酸化の持続を測ることで、ex vivoでのThienopyridine の効能を検証することができます(図1-(3))。また、in vitroにおける受容体P2Y12のアンタゴニストの効果を検証することもできます。

VASPのリン酸化の模式図
図1 VASPのリン酸化の模式図

 

測定方法

平均蛍光強度値(MFIc)から、下記の計算式に従い、血小板反応性指標(PRI;platelet reactivity index)を算出します。
PRI=[(MFIc(PEG1)−MFIc(PEG1+ADP))/MFIc(PEG1)]×100
MFIc(PEG1):PGE1のみ存在下のMFIc
MFIc(PEG1+ADP):PGE1及びADP存在下のMFIc

P2Y12(ADPレセプター)アンタゴニストのモニタリング方法
図2 P2Y12(ADPレセプター)アンタゴニストのモニタリング方法

構成内容

  • 希釈液
  • PGE1
  • PGE1+ADP
  • 固定試薬
  • VASP-Pモノクローナル抗体
  • ネガティブアイソタイプコントロール
  • FITC標識染色試薬+カウンター染色試薬(CD61-PE)

使用例

血小板 VASP/P2Y12アンタゴニスト活性測定キットの使用例

引用文献

血小板 VASP/P2Y12アンタゴニスト活性測定キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
血小板 VASP フローサイトメトリーキット
PLT VASP/P2Y12 10詳細データ
BCT 7014 1 KIT
[10 tests]
¥50,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO