商品情報

記事ID : 12733
研究用

主に筋萎縮性側索硬化症(ALS)、前頭側頭葉変性症(FTLD) 研究にC9orf72 抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加


筋萎縮性側索硬化症(ALS)との関連が示唆される「C9orf72 遺伝子のリピート配列翻訳産物」を検出する抗体です。

背景

C9orf72とは?

2011 年、家族性前頭側頭葉変性症(frontotemporal lobar degeneration, FTLD)または筋萎縮性側索硬化症 (amyotrophic lateral sclerosis, ALS) 患者家系においてC9orf72 遺伝子の非翻訳領域内にGGGGCC からなる hexanucleotide repeats の存在が見出されました。

この繰り返し配列は正常では24 個以下であるのに対し、伸長例では60〜数千個に達しておりFTLD とALS いずれの発症にも関与することが示されています。通常この繰り返し配列は翻訳されませんが、伸長例では開始コドンを用いない翻訳(repeat-associated non-ATG-initiated translation, RANT) によって翻訳され、poly GlyAla(GA)、poly GlyArg(GR)、poly GlyPro(GP) ポリペプチドが産生されることが報告されました。さらに、poly GA, poly GR, poly GP 抗体を用いて伸長例の剖検脳を免疫組織染色した結果、TDP43 陰性・p62 陽性封入体にジペプチドリピートタンパク質の存在が確認されました。

神経変性疾患マーカー抗体

認知症、神経難病の異常病変を検出する新規抗体
- 対象疾患はアルツハイマー病、パーキンソン病、ALS、タウオパチーなど -

アルツハイマー病やパーキンソン病に代表される「神経変性疾患」は、高齢化社会といわれる現在において急増の一途をたどり、深刻な社会問題になってきました。また近年、神経難病の筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis, ALS) についても新規原因遺伝子の発見が相次ぎ、その病態解明に関する研究ニーズも高まっています。これら一連の疾患では特定のタンパク質が凝集、蓄積することによって神経毒性をきたし、病変の原因となることが示唆されていますが、その発症、進行メカニズムは未だ不明であり、神経病理診断、実験モデルの構築、治療薬探索、治療法開発のため有用なバイオマーカーが望まれています。
コスモ・バイオ抗体ブランド「CAC:Cosmobio Antibody Collection」では、これまでにALS の原因タンパク質TDP-43 の異常リン酸化検出用抗体をエントリーしていますが、新たに同疾患の関連が示唆される「C9orf72 遺伝子のリピート配列翻訳産物」に対する抗体、そして近年論文発表された新規「4R-tau」特異抗体の販売を開始致しました。

ご提供者:東京都医学総合研究所 認知症・高次脳機能研究分野 長谷川 成人 先生

 

神経変性疾患マーカー抗体

使用例

C9orf72の免疫組織染色

参考文献

  1. DeJesus-Hernandez M, et al., Expanded GGGGCC hexanucleotide repeat in noncoding region of C9ORF72 causes chromosome 9p-linked FTD and ALS. Neuron 72: 245-256. 2011. PMID: 21944778
  2. Renton AE, et al., A hexanucleotide repeat expansion in C9ORF72 is the cause of chromosome 9p21-linked ALS-FTD. Neuron 72: 257-268, 2011. PMID: 21944779
  3. Mori K, et al., The C9orf72 GGGGCC repeat is translated into aggregating dipeptide-repeat proteins in FTLD/ALS. Science 339: 1335-1338, 2013. PMID: 23393093
  4. Ash PEA, et al., Unconventional translation of C9ORF72 GGGGCC expansion generates insoluble polypeptides specific to c9FTD/ALS. Neuron 77: 639-646, 2013. PMID: 23415312
  5. Mann DMA, et al., Dipeptide repeat proteins are present in the p62 positive inclusions in patients with frontotemporal lobar degeneration and motor neurone disease associated with expansions in C9ORF72. Acta Neuropathol Commun. 2013 Oct 14;1:68. PMID: 24252525
  6. Konno T, et al. C9ORF72 repeat-associated non-ATG-translated polypeptides are distributed independently of TDP-43 in a Japanese patient with c9ALS. Neuropathol Appl Neurobiol. 2014 Oct;40(6):783-8. PMID: 24861677
  7. Tan RH, et al. Cerebellar neuronal loss in als cases with ATXN2 intermediate repeat expansions. Ann Neurol. 2015 Nov 24. doi: 10.1002/ana.24565. PMID:26599997
  8. Davidson Y, et al. Neurodegeneration in Frontotemporal Lobar Degeneration and Motor Neurone Disease associated with expansions in C9orf72is linked to TDP-43 pathology and not associated with aggregated forms of dipeptide repeat proteins. Neuropathol Appl Neurobiol. 2015 Nov 5. PMID: 26538301
  9. Baborie A, et al. Accumulation of dipeptide repeat proteins predates that of TDP-43 in frontotemporal lobar degeneration associated with hexanucleotide repeat expansions in C9ORF72 gene. Neuropathol Appl Neurobiol. 2015 Aug;41(5):601-12. PMID: 25185840
  10. Davidson YS, et al. Brain distribution of dipeptide repeat proteins in frontotemporal lobar degeneration and motor neurone disease associated with expansions in C9ORF72. Acta Neuropathol Commun. 2014 Jun 20;2:70. PMID: 24950788

C9orf72 抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti C9orf72 (Poly-GA), Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ CAC TIP-C9-P01 50 UL
¥40,000
Anti C9orf72 (Poly-GR), Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ CAC TIP-C9-P02 50 UL
¥40,000
Anti C9orf72 (Poly-GP), Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ CAC TIP-C9-P03 50 UL
¥40,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO