商品情報

記事ID : 15088
研究用

高い再現性を誇るSA-β-gal活性測定キットCellular senescence activity assay

このエントリーをはてなブックマークに追加

96 ウェルフォーマットの本キットは、細胞老化を検出する簡便なアッセイです。蛍光基質を用いて細胞老化マーカー SA-β-gal 活性を測定します。本手法では、細胞ライセートを使用して、異なる細胞密度サンプルのSA-β-gal 活性定量および標準化を行います。

背景

生物的老化として知られている細胞老化は、細胞分裂が不可能となる恒久的な細胞周期停止状態を指します。 正常な初代培養細胞は、増殖が停止し、老化表現型引き起こされるまで、限られた集団倍化数で増殖します。 この限られた寿命は、得られた細胞に由来する生物の年齢や生物種の平均寿命と相関しています。 老化細胞は、細胞周期の進行を促進する遺伝子の抑制や、細胞周期を阻害するp16INK4a、p53やその転写標的であるp21CIP1などの発現上昇によって引き起こされる、G1期の不可逆的な増殖停止によって特徴づけられます。 これらはマイトジェン誘導性の増殖に耐性をもち、特徴的な巨大化と扁平化を呈します。 老化を促進する経路や老化を経る原因究明の研究は、発がん機構の理解に重要となります。 正常な細胞は、制御不能な増殖や腫瘍形成に対する様々な防御機構を持っています。

老化細胞は酸性条件下において、一般的なバイオマーカーである細胞老化関連βガラクトシダーゼ(senescence-associated beta-galactosidase, SA-β-Gal)活性を示します。 はじめ細胞老化は培養細胞で同定された一方、生体内でも起こっていることが証明されました。 SA-β-Galといった細胞老化マーカーを発現する細胞は、正常な組織でも見つかっています。

使用目的

蛍光基質を用いたSA-β-gal活性測定による細胞老化の検出

特長

  • 蛍光プレートリーダーでSA-β-gal活性を定量
  • 1時間半より短い時間で結果が出る使いやすいプロトコール
  • どの細胞の種類にも適してます

構成内容

  • 細胞溶解液
  • 反応液
  • SA-β-Gal 基質
  • 停止液

Cellular senescence activity assay

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Cellular senescence activity assay詳細データ ENZ ENZ-KIT129-0120 120 ASSAY
¥87,000

関連商品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO