商品情報

研究用

オートファジーマーカー p62/NBR1 測定ELISAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒト、ラット、マウス細胞溶解液中から、オートファジーのバイオマーカーである足場タンパク質:NBR1とp62を測定するELISAキットです。

オートファジーマーカー  p62 / NBR1 測定ELISAキット

背景

p62 とは?

p62タンパク質は sequestosome 1 (SQSTM1) としても知られています。足場タンパク質として、また輸送補助の両方の役割を担っています。ポリマー化した p62は、PB1 (Phox 及び Bem1) ドメインを介して NBR1 へ結合し、それから UBA (ubiquitin-associated) ドメインを介してオートファジー機構にリンクしているユビキチン化タンパク質と相互作用します。また LIR (LC3 interacting region) モチーフを介してオートファジー経路の LC3 II タンパク質に結合します。p62はユビキチン-プロテアソームシステム (UPS) とオートファジー間のカギとなるリンクであり、ユビキチン化タンパク質のオートファジー分解、細胞内のミスフォールドしたタンパク質、非機能的タンパク質の凝集の減少を促進します。
オートファジーが阻害されると p62 が蓄積し、逆にオートファジーが誘導されるとそのレベルが減少するため、p62 はオートファジー流動を調査するバイオマーカーとして利用されています。

NBR1 とは?

NBR1 (neighbor of BRCA1 gene 1) は 966アミノ酸長のタンパク質で、UBAドメインを介してモノ・ポリユビキチン (K63 及び K48-リンク) 結合体と、また LIRドメインを介して LC3/GABARAP と結合する選択的なオートファジー基質です。NBR1 や p62 はとても似たようなドメイン構成をしており、NBR1 の PB1ドメインは p62 の PB1ドメインに結合することができます。そしてそれはポリマー化したp62鎖に加わるか、もしくは鎖末端になります。両者はとてもよく似ているにもかかわらず機能的に独立しています。NBR1 はアルコール性脂肪性肝炎患者の Ub や p62陽性マロリー小体で検出されています。そして特定の遺伝性筋肉病やミスフォールドしたタンパク質の蓄積が見られる様々なタンパク質疾患の潜在的バイオマーカーとして利用されています。また出生後の骨形成や p68 MAPK活性の負の調節でも観察されています。

オートファジーのメカニズム

オートファジーのメカニズム
図1 オートファジーのメカニズム
オートファジー細胞質内のある分子が膜で隔離され(ファゴフォアー:phagophore)、二重膜小胞(オートファゴソーム:autophagosome)を形成する。オートファゴソームの外膜は続いてリソソームと融合し、オートリソソーム内でその内側の分子が分解される。

その他

  交差性 サンプルタイプ 感度 (pg/ml) 測定範囲 (pg/ml)
p62 ELISA HU/RAT/MS 細胞溶解液 100 625-40,000
NBR1 ELISA HU/RAT/MS 細胞溶解液 65.57 125-8,000

使用例

図2
MDA-MB231 ヒト乳がん細胞をオートファジー誘導試薬 withaferin A(WA)で処理したもの(+)、コントロールとして DMSO 処理したもの(-)を用意。6時間、12時間、24時間毎に細胞を採取し、プロテアーゼ阻害剤および DNase を含む RIPA 細胞溶解バッファー2 で溶解した。細胞溶解液を遠心にて浄化した後、p62 アッセイ(図A)、NBR1 アッセイ(図B)で解析した。抗原濃度は、総細胞内タンパク質でノーマライズした。細胞溶解液は Cell Signaling 社の抗 p62 抗体、抗 LC3 II 抗体を使って WB 解析した(図C, D)。両ウェスタンブロットにおけるシグナル強度を、アクチンレベルと比較した。6時間から12時間では Withaferin A 応答により p62 および NBR1 レベルが減少した。24時間後では薬剤応答が消失し、オートファジー経路が正常に戻リ始めた。

 

オートファジーマーカー p62/NBR1 測定ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
p62 ELISA kit詳細データ ENZ ADI-900-212-0001 96 WELL
¥106,000

製品使用文献

p62 ELISA キット(品番:ADI-900-212-0001)

  1. Macrophage Migration Inhibitory Factor (MIF) Deficiency Exacerbates Aging-Induced Cardiac Remodeling and Dysfunction Despite Improved Inflammation: Role of Autophagy Regulation: X. Xu, et al.; Sci. Rep. 6, 22488 (2016), Application(s): Western blot, Abstract; Full Text
  2. Activity of BKM120 and BEZ235 against Lymphoma Cells: M. Civallero, et al.; Biomed Res. Int. 2015, Article ID 870918 (2015), Application(s): Autophagy Detection in cell lysates, Abstract; Full Text
  3. STAT3 down regulates LC3 to inhibit autophagy and pancreatic cancer cell growth: J. Gong, et al.; Oncotarget 5, 2529 (2014), Application(s): Levels of p62 in human pancreatic cancer cells Capan-2, Abstract; Full Text
  4. Impaired autophagy by soluble endoglin, under physiological hypoxia in early pregnant period, is involved in poor placentation in preeclampsia: A. Nakashima, et al.; Autophagy 9, 303 (2013), Abstract;
  5. Inhibition of autophagy by sera from pregnant women: T.T. Kanninen, et al.; Reprod. Sci. 20, 1327 (2013), Application(s): EIA using PBMC lysates, Abstract;

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO