商品情報

記事ID : 16597
研究用

脂肪細胞を染色オイルレッドO染色キット(Oil Red O Stain)

このエントリーをはてなブックマークに追加

凍結組織切片の脂肪細胞をオイルレッドOで染色するキットです。

オイルレッドOによる染色画像

使用目的

本商品は凍結切片の脂肪細胞を染色するキットです。
骨髄の中にある脂肪が損傷するような骨折や怪我を負った場合、血管に脂肪滴が混入することで脂肪塞栓症などが起こることがあります。そのような組織をオイルレッドOで染色した場合、通常とは異なる部位で染色された脂肪が観察されます。
本キットは診断のサポートや、死につながるような塞栓症の検証に役立てることができます。
さらに細胞膜やミエリンなどが変性したものは脂肪滴と融合するため、脂肪染色で観察することが可能です。 オイルレッドO染色では脂肪細胞由来の腫瘍も染色できます。そのため脂肪細胞由来以外の腫瘍と区別することも可能です。

構成内容

  • プロピレングリコール溶液
  • オイルレッドO溶液
  • 85%プロピレングリコール溶液
  • ヘマトキシリン溶液(Gill's Hematoxylin)

プロトコール

  1. 凍結切片を5-10µmで薄切し、スライドを作製します。
  2. スライドを室温で30-60分間乾燥させます。
  3. 10%ホルマリンに約10分間浸漬します。
  4. 室温でフード内で乾燥させる。
  5. プロピレングリコール溶液に2-3分間浸漬します。
  6. オイルレッドO溶液に移し、10分間浸漬します。
  7. 85%プロピレングリコール溶液に2-5分間浸漬します。
  8. 脱イオン水で2分間洗浄します。
  9. ヘマトキシリン溶液で30-60秒間染色します。
  10. 水道水で約2-3分間洗浄します。
  11. 脱イオン水に移します。
  12. Aqua-Poly/Mount(品番:18606-5、-20、-100)などの水系封入剤で封入します。

染色対象

  • 脂肪(Lipids):赤
  • 核(Nuclei):青
参考文献

1. Carson F, Histotechnology A Self-Instructional Text, 2nd Ed, 1997, pp 151, American Society of Clinical Pathologist.

オイルレッドO染色キット(Oil Red O Stain)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Oil Red O Stain Kit詳細データ PSI 25962-250 250 ML
¥86,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO