• ホーム
  • 商品情報
  • 補体とアポトーシス - TLRと補体シグナリングパスウェイのクロストーク

商品情報

研究用

Toll-Like Receptor 9に有効なアゴニスト補体とアポトーシス - TLRと補体シグナリングパスウェイのクロストーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

TLRと補体シグナリングパスウェイのクロストークについて解説致します。

また、Hycult Biotech社では TLR9(Toll-Like Receptor 9)に有効なアゴニスト CpG DNAs を販売しております。

背景

TLRと補体シグナリングパスウェイのクロストーク

補体系と同様にTLRsも、細胞応答を開始するDAMPs(danger-associated molecular patterns)等の危険なシグナルを認識できます。ミエロイド系統の多くの細胞は、TLRsやC3(C3a、C3b/iC3b)、C5(C5a)の分解産物を誘導するDAMPレセプターを共発現するので、DAMP開始シグナル伝達は、仮定されているように簡単ではありません。

最近のデータでは、補体レセプターのシグナリングパスウェイ下流とセンサー及び伝達物質として機能する先天免疫性システムの他のレセプターとかなりのクロストークを示唆しています。先天性と適応性免疫応答における補体の重要性を知ることにより、移植だけでなく、癌、アレルギー、自己免疫の分野においての理解を深めることができるでしょう。

【参考文献】
J.Kohl, Immunol Res 2006, 34:157

TLRと補体シグナリングパスウェイのクロストーク
TLRと補体シグナリングパスウェイのクロストーク

補体とアポトーシス

 

TLR9に有効なアゴニスト

先天性の免役システムは、脊椎動物では見られない病原体によって発現する様々なタイプの構造物に結合する特定のレセプターを開発しています。よく知られているレセプターは、TLR9であり、細菌及びウイルスDNAにおいてCpGモチーフを認識するものがあります。

短い合成CpGオリゴデオキシヌクレオチドは、TLR9に有効にきくアゴニストです。それ故に、CpG DNAsは、TLR9活性の下流の影響を研究するうえで役立つツールで、喘息/アレルギーや癌、感染症において重要となっています。

CpG DNAs

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CpG-A DNA (ODN 2216), Human/Mouse詳細データ HCB HC4037-200NMOL 200 NMOL
¥58,000
CpG-B DNA (ODN 2006), Human/Mouse詳細データ HCB HC4039-200NMOL 200 NMOL
¥58,000
CpG-C DNA (ODN 2395), Human/Mouse詳細データ HCB HC4041-200NMOL 200 NMOL
¥58,000
CpG-B DNA, Rat詳細データ HCB HC4040-200NMOL 200 NMOL
¥58,000
CpG-B DNA, Rabbit詳細データ HCB HC4038-200NMOL 200 NMOL
¥58,000
Non CpG-DNA詳細データ HCB HC4034-200NMOL 200 NMOL
¥58,000
Hycult Biotech(ハイカルト)社 製品のご紹介

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「補体とアポトーシス - TLRと補体シグナリングパスウェイのクロストーク」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO