サポート情報

技術情報

記事ID : 17896

LudgerTag™ Monosaccharide Release and Labelling kitによるLudger社単糖分析


背景

単糖分析は、バイオ医薬品の特性評価に関するICH Q6Bガイドラインに規定されている規制要件です。この情報はグリコシル化の種類(N結合型またはO結合型)、及び程度を決定する方法として医薬品開発の各段階で使用することができます。また、製造工程中の品質管理にも使用可能です。

一般的な単糖分析の方法

  1. 弱酸加水分解による、糖タンパク質からの単糖の放出
  2. 放出された単糖の2-AA(2-aminobenzoic acid)による蛍光ラベリング
  3. HPLC、UHPLCによる相対定量分析

LudgerTag™ Monosaccharide Release and Labelling kit(品番:LT-MONO-96)は、糖タンパク質から単糖/アミノ糖を放出させ、それらを2-AA標識する為に必要なものが全て含まれています。このキットには、最大96サンプル分の試薬が含まれています(サンプルあたり50 µgの糖タンパク質)。キットには6つの単糖を含有するスタンダード(モノミックス、品番:CM-MONOMIX-10X3)が含まれており、単糖成分の定量測定のための機器キャリブレーションが可能です。詳細は製品ガイドに説明がございます。

キットには単品のキシロースも含まれており、内部標準として用いることができます(標識前に各サンプルに添加します)。これにより、エラーの補正を行うことができます。ポジティブコントロールとして、Ludger BioQuant™ quantitative standards(カタログ番号BQ-GPEP-A2G2S2-10U)の使用をお勧めしております(非同梱)。このスタンダードは、A2G2S2グリカンを持つペプチドで、グリカンの放出、ラベリング、回収の効率を確認することができ、シアル酸測定の精度を確認できます。

2AAでラベルしたスタンダード及びキシロースをuR2 UHPLCカラムを用いて分析
図1. 2-AAでラベルしたスタンダード(モノミックス)、及びキシロースをuR2 UHPLCカラムを用いて分析した.
それぞれの単糖のピークは8分以内に現れた; glucosamine(GlcN), galactosamine(GalN), galactose(Gal), mannose(Man), glucose(Glc), xylose(Xyl) and fucose(Fuc).

本キット 品名 メーカー 品番
LudgerTag™ Monosaccharide Release and Labeling Kit LUD LT-MONO-96
関連製品 (非同梱) ポジティブコントロール  
 
BioQuant A2G2S2 glycopeptide standard LUD BQ-GPEP-A2G2S2-10U
HPLC, UHPLCカラム  
LudgerSep™ R1 HPLC Column LUD LS-R1-4.6x150
LudgerSep™ uR2 UHPLC Column LUD LS-UR2-2.1x100
HPLC用溶媒  
LudgerSep™ R BPT solvent (x10 concentrate) LUD LS-R-BPTX10

備考

※本キット(LudgerTag™ Monosaccharide Release and Labeling Kit、品番:LT-MONO-96)は以下の理由でシアル酸(NeuAc, NeuGc等)を測定することはできません。

 1)シアル酸は強酸性(トリフルオロ酢酸や塩酸)下で分解されます。

 2)シアル酸には、2-AAが反応するべき部位の隣にカルボン酸が存在し、安定した構造を形成することができません。

シアル酸の解析には「DMB シアル酸ラベリングキット(品番:LT-KDMB-A1)」をご使用ください。

  • カタログ請求
  • お問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては
使用しないように、十分ご注意ください。


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO