コスモバイオニュース

NEW No.174 (2021年6月)

ゲノム編集

総説:ゲノム編集
広島大学大学院統合生命科学研究科 教授
ゲノム編集イノベーションセンター長
山本 卓 先生

ゲノム編集は、人工DNA切断酵素(ゲノム編集ツール)を用いて標的遺伝子を自在に改変することが可能な新しい技術です。微生物から動物や植物まで様々な生物での遺伝子改変が可能なことから、ゲノム編集はライフサイエンス研究において必要不可欠な技術となりました。これは、2012年に発表された第三世代のゲノム編集ツールCRISPR-Cas9によって実現し、簡便かつ効率的なゲノム編集は、この10年間で全ての研究者の技術になったと言っても過言ではありません。

CRISPR-Cas9のように開発スピードの速い技術は近年例がなく、基礎研究のみならず応用研究での利用も積極的に進められています。
本稿では、ゲノム編集ツール開発の歴史、ゲノム編集を用いた標的遺伝子改変、ゲノム編集の発展技術についてご紹介いただいております。

強さと美しさの絶妙なバランス

水滴をまとって輝くクモの巣には美しさや生命力が感じられ、思わず見入ってしまいます。雨や風にも崩れないその強さは、絶妙な糸のバランスにあるようで・・・。

 

[目次]

特集 ゲノム編集
p.4 CRISPR-Cas9ゲノム編集ツール
p.5 GeneCopoeia社 CRISPR-Cas9ノックアウトシステム
p.6 ORIGENE社 ゲノム編集ノックアウトキット
p.7 Santa Cruz社 CRISPR/Cas9ゲノム編集用ツール
p.9 Cas9タンパク質
p.11 CRISPR-Cas9 guide RNA合成サービス
p.12 GenomONE™ -GE
p.13 CRISPR Genomic Cleavage Detection Kit
p.13 CRISPR-Cas9挿入欠損検出システム IndelCheck™
p.14 標的DNAのPCR増幅阻害用(ORNi-PCR®)カスタムORN作製サービス
p.15 ノックアウト細胞株
p.15 Cas9安定発現細胞株
p.16 CRISPR-Cas9ノックインキット& HDRノックインクローン
p.17 CRISPR/Cas9 AAVS1領域遺伝子挿入キット& ベクター
p.18 RNAscope®/BaseScope™ in situ ハイブリダイゼーションアッセイ
p.19 CRISPRヒト/マウスゲノムワイドsgRNAライブラリ
p.20 ヒト/マウスゲノムワイドCRISPRa・CRISPRiライブラリ
p.21 鶏卵バイオリアクターを用いたタンパク質大量生産受託サービス
新商品&トピックス
p.22 分子生物 【注目商品】 Two-Tailed qPCRアッセイ
p.25 がん研究 【注目商品】 ヒトがん組織由来total RNA(マッチドペア)
p.26 エピジェネティクス 【注目商品】 CUTANA® CUT & Tag assay
p.27 細胞培養 【注目商品】 ヒトFGF Basic TS™ タンパク質
p.29 タンパク質解析 【注目商品】 ラテックス粒子セット
p.30 炎症 【注目商品】 ヒトIgG SARS-CoV-2 RBD FluoroSpotPLUS キット
p.31 代謝 【注目商品】 Amplite™ α-ケトグルタル酸 定量キット(比色/蛍光)
COSMO BIO BRAND PRODUCTS
p.32 1st strand cDNA(マウス)
お知らせコーナー
p.33 ペプチド抗体受託サービス 初夏のプレゼントキャンペーン
p.33 コスモバイオニュース 定期送付申込キャンペーン
コスモバイオニュース専用バインダー

無料の専用バインダー!
コスモバイオニュース(冊子)をまとめるのに便利なA4サイズのバインダーです。

バックナンバー

2020年(No.161 - )
2019年(No.149 - No.160)
2018年(No.137 - No.148)
2017年(No.125 - No.136)
2016年(No.114 - No.124)

© COSMO BIO