ページの本文へ移動

記事ID : 38059
研究用

細胞のエネルギーセンサーであるAMP活性化プロテインキナーゼをご紹介します AMPK

このエントリーをはてなブックマークに追加

AMPKについて解説します。またAMPKに関連する抗体を紹介します。

背景

AMPKとは?

AMPK(AMPK:AMP-activated protein kinase、AMP活性化プロテインキナーゼ)は、真核生物において、細胞レベル・個体レベルで影響を与える『代謝』の中心的調節因子の一つです。AMPKは、『代謝のマスターレギュレーターまたはマスタースイッチ』と呼ばれることもあり、生物間で高度に保存され、細胞/生理学的レベルの代謝ストレスに応答してエネルギーバランス(エネルギー恒常性)を維持・回復する役割を果たします。

AMPKは、細胞内のAMP/ATPとADP/ATPの比率をモニターするエネルギーセンサーとして働きます。AMPKは、AMP/ATP 比率の上昇に応答し、3つの機構を介してそのスイッチはオンとなります。3つの機構とは、 (a) 上流の活性化キナーゼによるThr172のリン酸化の促進、(b) ホスファターゼ(脱リン酸化酵素) によるThr172の脱リン酸化が阻害されること、(c) リン酸化キナーゼのアロステリック活性化です(1)。一方、これらの全ての機構はAMP/ATP 比率の減少と拮抗します。AMPKは、肝臓、心臓、視床下部、さらには脂肪細胞等を含む多くの臓器/器官に分布します。さらに、視床下部におけるAMPK 活性化は、低エネルギー状態で食欲を刺激することが報告されています(2)。

近年、AMPKは、オートファジーや細胞極性(cell polarity) などの細胞プロセスに関連することが報告されています(3)。AMPKはまた、いくつかの種において、mTORやサーチュイン(sirtuins) と相互作用することで、老化の重要な調節因子として機能することが示唆されています。AMPK は、低グルコース、低酸素、虚血、熱ショック等、細胞へのATP供給を枯渇させるストレスに応答して活性化されます。AMPKは、αサブユニット(触媒サブユニット)、βサブユニット、Γサブユニットからなるヘテロ三量体として存在します。哺乳動物では、2つのαサブユニットをコードする遺伝子(α1およびα2)、2つのβサブユニットをコードする遺伝子(β1およびβ2)、3つのγサブユニットをコードする遺伝子(γ1、γ2 および γ3) が存在します(4)。

AMPK は、脂質代謝とグルコース代謝の両方で中心的な調節因子として役割を担うため、II型糖尿病、肥満、および癌の治療ターゲットの候補として研究が進められています(5、6)。

■ AMPKパスウェイ

AMPKパスウェイポスター

関連抗体

抗体 抗体タイプ カタログ番号 アプリケーション
AKT1 ウサギポリクローナル 10176-2-AP ELISA, FC, IF, IHC, IP, WB
Insulin マウスモノクローナル 66198-1-Ig ELISA, IF, IHC
AMPK Alpha 1 ウサギポリクローナル 10929-2-AP ELISA, IF, IHC, IP, WB
LKB1 ウサギポリクローナル 10746-1-AP ELISA, WB, IP, IHC, IF, CoIP
AMPK Beta 1 ウサギポリクローナル 10308-1-AP ELISA, WB, IP, IHC, IF
MTOR ウサギポリクローナル 20657-1-AP ELISA, IF, IHC, IP, WB
CD36 ウサギポリクローナル 18836-1-AP ELISA, FC, IF, IHC, WB

AMPK関連抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti AKT, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10176-2-AP 150 UL
¥67,000
Anti INS, Human (Mouse) Unlabeled, 4B6A7詳細データ PGI 66198-1-IG 150 UL
¥67,000
Anti AMPK Alpha, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10929-2-AP 150 UL
¥67,000
Anti STK11/LKB1, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10746-1-AP 150 UL
¥67,000
Anti AMPK β 1, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10308-1-AP 150 UL
¥67,000
Anti mTOR, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 20657-1-AP 150 UL
お問い合わせ
Anti CD36, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 18836-1-AP 150 UL
¥67,000

◆◇【はじまりました】一次抗体同時購入「2点⇒20%オフ」「3点⇒25%オフ」キャンペーン ◇◆

プロテインテック社 一次抗体同時購入「2点⇒20%オフ」「3点⇒25%オフ」キャンペーン 期間:2024年7月31日(水)まで開始

◆◇【特典クーポン紙配布中!】一次抗体トライアルサイズ購入キャンペーン ◇◆

プロテインテック社 一次抗体トライアルサイズ購入キャンペーン 期間:2024年5月2日(木)〜

◆◇【最短翌営業日にお届け!】約2万点の国内在庫をご用意しています ◇◆

◆◇【IHC染色用ポリマー試薬は無料サンプルあり!】Multi-rAb(マルチ・ラブ)二次抗体 ◇◆

Multi-rAb(マルチ・ラブ)カクテルタイプの組換え二次抗体バナー

◆◇【ELISAキット¥80,000/96ウェル】プロテインテックの免疫アッセイキット ◇◆

◆◇ cGMPグレードも選べる!ヒト細胞由来のサイトカイン・増殖因子 ◇◆

 HumanKine リコンビナントタンパク質

[シームレスな移行を実現!2つのグレードから選べます]

◆◇ 次世代ツールのナノ抗体!アルパカ由来のVHH抗体(Nanobody®)製品 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇【アプリケーションノート公開中】実績急上昇!FlexAble抗体標識キット ◇◆

FlexAble(フレクサブル)抗体標識キット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「AMPK」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

オウンドメディア

※当社のWEBサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。
 このWEBサイトの利用を継続することで、クッキーの使用に同意することになります。

© COSMO BIO