商品情報

記事ID : 42123
研究用

ノックアウトマウスによる検証済。ブロッキングペプチドの併用でより正確な実験ができます。 抗SCN1A (Nav1.1)抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 抗SCN1A (Nav1.1)抗体は、ヒト、マウス、ラットのNav1.1を認識し、ウェスタンブロット、免疫沈降、免疫組織化学、免疫細胞化学などの用途に使用することができます。 
  • ノックアウトマウスによる検証済み(Kalume, F. et al. (2015) Neurobiol. Dis. 77, 141.)の抗体です。 
  • ブロッキングペプチド(品番:BLP-SC001)を抗体に添加したネガティブコントロールをおくことでより正確な実験が可能です。ブロッキングペプチドの使用法は以下をご覧ください。

抗体と専用ブロッキングペプチドを同時購入頂く場合のみ、専用ブロッキングペプチドが40%OFFとなります。
同時購入には注文書の他に専用申込書が必要です。

背景

電位依存性ナトリウムチャネル(Nav)は、活動電位の発生や細胞の興奮に不可欠です(1)。Navチャネルは、脱分極に応答して活性化され、Na+イオンの流れを選択的に許容します。現在までに9つのNavαサブユニットがクローニングされ、Nav1.1-Nav1.9(4, 5)と命名されています。Navチャネルは、テトロドトキシン(TTX)に対する感受性の違いにより、2つのグループに分類されます。TTX感受性(Nav1.1、Nav1.2、Nav1.3、Nav1.4、Nav1.6、Nav1.7)とTTX耐性(Nav1.5、Nav1.8、Nav1.9)です(2, 3)。

哺乳類のナトリウムチャネルは、中心となる孔を形成するαサブユニットと2つの補助的なβサブユニットからなるヘテロ三量体です。αサブユニットのアイソフォームの発現は、発生段階で制御され、組織特異的です。成体の中枢神経系と心臓のNa+チャネルには、β1からβ4までのサブユニットが存在しますが、成体の骨格筋のNa+チャネルには、β1サブユニットしか存在しません(6,7)。

Nav1.1は、SCN1Aとも呼ばれ、TTXに感受性のあるチャネルで、神経細胞に広く発現しています(7)。

Nav1.1の変異は、少なくとも2種類のてんかんに関連していることが知られています。機能獲得型のミスセンス変異は、全般てんかん熱性けいれんプラス (GEFS+) の主な原因となり、機能喪失型の変異は、乳児重症ミオクロニーてんかん (SMEI)の原因となります(8, 9)。

特長

商品名 抗SCN1A (Nav1.1)抗体
品番 ASC-001
タイプ ウサギポリクローナル
交差種 ヒト、マウス、ラット
アプリケーション WB (ウェスタンブロット) 、IHC (免疫組織化学) 、IF (免疫蛍光染色) 、ICC (免疫細胞科学)、IP (免疫沈降)
標識 非標識
別名 Brain type I sodium channel, BI, Sodium channel protein type 1 subunit α
RRID AB_2040003.
抗原 ラットNav1.1のアミノ酸残基465-481に対応するペプチド (C)TASEHSREPSAAGRLSD(Accession P04774)。 ドメインIとIIの間の細胞内ループ。
ALO_ASC001AR_04.png
アイソタイプ Rabbit IgG
精製方法 Affinity purified on immobilized antigen.
商品形態 凍結乾燥粉末(Lyophilized powder)
溶解方法(再構成) 25µL、50µLあるいは0.2mL (商品サイズに依ります) のdouble distilled water (DDW)に溶解ください。溶解後の溶媒はPBS, pH 7.4, 1% BSA, 0.05% NaN3となります。
溶解後の濃度 0.6mg/mL
溶解後の保管方法 溶解後の抗体液は、4℃で1週間まで保存できます。それ以上の期間は、少量の分注物を-20℃で保存ください(凍結融解の繰り返しは避けてください)。 使用前に抗体液を遠心 (10000×g 5分)してください。
KO 検証 Immunohistochemical staining of mouse brain sections. Tested in SCN1A-/- conditional knockout mice. Kalume, F. et al. (2015) Neurobiol. Dis. 77, 141.

適用例

ウェスタンブロット

ALO_ASC001AR_01.png

 

図1. ラット脳の膜タンパク質画分のウェスタンブロット。
1. 抗SCN1A(Nav1.1)抗体 (品番:ASC-001), (1:200).
2. SCN1A/Nav1.1ブロッキングペプチド(品番:BLP-SC001)とプレインキュベートした抗SCN1A (Nav1.1) 抗体。

抗体と専用ブロッキングペプチドを同時購入頂く場合のみ、専用ブロッキングペプチドが40%OFFとなります。

免疫細胞化学

ALO_ASC001AR_03.png
図2. ラットDRG細胞におけるNav1.1の発現
A. パラホルムアルデヒドで固定し、透過処理したラット後根神経節(DRG)初代培養細胞を、Anti-SCN1A (NaV1.1) Antibody (品番:ASC-001), (1:200)、続いてgoat anti-rabbit-AlexaFluor-555二次抗体を用いて免疫細胞化学的に染色した。
B. Hoechst 33342を用いて核を染色した。

抗SCN1A (Nav1.1)抗体 及びブロッキングペプチド

抗体と専用ブロッキングペプチドを同時購入頂く場合のみ、専用ブロッキングペプチドが40%OFFとなります。
同時購入には注文書の他に専用申込書が必要です。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti NaV1.1, Rat (Rabbit) Unlabeled詳細データ ALO ASC-001 25 UL
[0.6 mg/ml]
¥71,000
Anti NaV1.1, Rat (Rabbit) Unlabeled詳細データ ALO ASC-001 50 UL
[0.6 mg/ml]
¥100,000
Anti NaV1.1, Rat (Rabbit) Unlabeled詳細データ ALO ASC-001 0.2 ML
[0.6 mg/ml]
¥159,000
SCN1A/Nav1.1 Blocking Peptide詳細データ ALO BLP-SC001 40 UG
¥45,000
pagetop

【関連商品】抗SCN1A (Nav1.1) 抗体(蛍光標識)

蛍光標識された一次抗体です。多重染色に使用できます。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti NaV1.1, Rat (Rabbit) ATTO 594詳細データ ALO ASC-001-AR 50 UL
¥122,000
pagetop

【関連商品】抗SCN1A (Nav1.1) 抗体(免疫動物:モルモット)

品番:AGP-043はモルモットで作製されており、ウサギで作製されたAlomone社の抗体と組み合わせて多重染色試験に使用することができます。
この抗体は、品番:ASC-001と同じ抗原を用いて作製されています。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti NaV1.1 (Guinea Pig) 詳細データ ALO AGP-043 25 UL
ALO社
ASC001GP
25 を参照
Anti NaV1.1 (Guinea Pig) 詳細データ ALO AGP-043 50 UL
ALO社
ASC001GP
50 を参照
Anti NaV1.1 (Guinea Pig) 詳細データ ALO AGP-043 0.2 ML
ALO社
ASC001GP
0.2 を参照
pagetop

本抗体 品番:ASC-001 を使用した文献

[ウェスタンブロット]

  1. HEK-293 cell lysate.: Nissenkorn, A. et al. (2019) PLoS ONE 14, e0211901.
  2. Human astrocytoma lysate.: Guan, G. et al. (2018) Neurosci. Lett. 674, 148.
  3. Mouse brain lysate (1:500).: Hamm, V. et al. (2017) Adv. Sci. 3, e1601068.
  4. Mouse brain lysate (1:800).: Hu, T. et al. (2017) Oncotarget 8, 99284.
  5. Rat brain lysate.: Murenzi, E. et al. (2017) Neurotoxicology 60, 260.
  6. Mouse brain lysates..: Liu, C. et al. (2015) J. Biol. Chem. 290, 12048.
  7. Rat pituitary (GH3) cell lysate.: Baroni, D. et al. (2014) Biol. Cell 106, 13.
  8. Rat DRG lysate (1:200).: Cheng, K.I. et al. (2014) Eur. J. Pain 18, 162.
  9. Human and mouse cortical lysates.: Corbett, B.F. et al. (2013) J. Neurosci. 33, 7020.
  10. Human and mouse brain.: Verret, L. et al. (2012) Cell 149, 708.
  11. Mouse heart.: Haufe, V. et al. (2005) J. Physiol 564, 683.
  12. Mouse cardiac myocytes.: Malhotra, J.D. et al. (2001) Circulation 103, 1303.
  13. Mouse brain..: Planells-Cases, R. et al. (2000) Biophys. J. 78, 2878.

[免疫沈降]

  1. Mouse heart.:  Haufe, V. et al. (2005) J. Physiol 564, 683.
  2. Mouse cardiac myocytes.:  Malhotra, J.D. et al. (2001) Circulation 103, 1303.

[免疫組織化学]

  1. Human brain sections.:  Guan, G. et al. (2018) Neurosci. Lett. 674, 148.
  2. Mouse brain sections.:  Martinez-Losa, M. et al. (2018) Neuron 98, 75.
  3. Mouse muscle spindle sections.: Carrasco, D.I. et al. (2017) J. Neurophysiol. 117, 1690.
  4. Rat lumbar spinal cord sections.: Wolff, M. et al. (2016) Neurosci. Res. 109, 16.
  5. Mouse brain sections. Also tested in SCN1A-/- conditional knockout mice.: Kalume, F. et al. (2015) Neurobiol. Dis. 77, 141.
  6. Rat optic nerve.: Sandalon, S. et al. (2013) Exp. Eye Res. 115, 47.
  7. Rat brain sections (1:50).: Qiao, X. et al. (2013) Epilepsy Res. 106, 17.
  8. Rat brain sections (1:250).: Hargus, N.J. et al. (2013) J. Neurophysiol. 110, 1144.
  9. Human and mouse brain.: Verret, L. et al. (2012) Cell 149, 708.
  10. Human brain (1:400).: Wang, W. et al. (2011) Brain Res. 1389, 61.
  11. Mouse heart.: Lei, M. et al. (2004) J. Physiol. 559.3, 835.
  12. Mouse heart.: Malhotra, J.D. et al. (2001) Circulation 103, 1303.

[免疫細胞化学]

  1. Mouse ventricular myocytes.: Koleske, M. et al. (2018) J. Gen. Physiol. 150, 991.
  2. Mouse isolated myocytes.: Radwanski, P.B. et al. (2015) Cardiovasc. Res. 106, 143.
  3. Rat microglia (1:400).: Jung, G.Y. et al. (2013) Glia 61, 1807.
  4. Mouse LVA myocytes (1:100).: Ednie, A.R. et al. (2013) J. Mol. Cell. Cardiol. 59, 117.
  5. Mouse heart.: Haufe, V. et al. (2005) J. Physiol 564, 683.
  6. Rat brain.: Black, J.A. et al. (2004) Pain 108, 23.
  7. Mouse heart.: Lei, M. et al. (2004) J. Physiol. 559.3, 835.
  8. Mouse brain.: Planells-Cases, R. et al. (2000) Biophys. J. 78, 2878.
  9. Mouse brain.: Zhou, D. et al. (1998) J. Cell Biol. 143, 1295.

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO