商品情報

記事ID : 42610
研究用

ノックアウトマウスによる検証済。ブロッキングペプチドの併用でより正確な実験ができます抗TRPV1 (VR1) 抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 抗TRPV1 (VR1)抗体は、ヒト、マウス、ラットのTRPV1(VR1)を認識し、ウェスタンブロット、免疫組織化学、免疫細胞化学などの用途に使用することができます。
  • ノックアウトマウスによる検証済み(Chen, J. et al. (2015) Cardiovasc. Diabetol. 14, 22.)の抗体です。
  • ブロッキングペプチド(品番:BLP-CC030)を抗体に添加したネガティブコントロールをおくことでより正確な実験が可能です。ブロッキングペプチドの使用法は以下をご覧ください。

抗体と専用ブロッキングペプチドを同時購入頂く場合のみ、専用ブロッキングペプチドが40%OFFとなります。
同時購入には注文書の他に専用申込書が必要です。

背景

TRPV1(VR1、カプサイシン受容体、バニロイド受容体とも呼ばれる)は、TRPC、TRPM、TRPA、TRPP、TRPML、TRPVサブファミリーを含むTransient Receptor Potential(TRP)チャネルファミリーのメンバーです。TRPVサブファミリーは、TRPV1-6という6つのメンバーから構成されており、TRPV1チャネルは、バニロイドゲート式の非選択的なカチオンチャネルです。
このチャネルは、TRPファミリーと配列上の相同性があり、6つの膜貫通ドメイン(TM)と、TM5とTM6の間にポアループがあるという類似した予測構造を持っています(1)。

TRPV1は、侵害受容器や感覚ニューロンに主に発現しています(2,3)。TRPV1は熱、プロトン、脂質、バニロイド(カプサイシン、レシニフェラトキシン(RTX)等)等の多くの活性化因子を持っており、組織の損傷や炎症に関連しています(4,5)。

最近の研究では、TRPV1がアポトーシスに関与していることが示され、TRPV1を阻害するとアポトーシスが抑制されることが明らかになっています(6,7)。

特長

商品名 抗TRPV1 (VR1) 抗体
品番 ACC-030
タイプ ウサギポリクローナル
交差種 ヒト、マウス、ラット
アプリケーション WB (ウェスタンブロット) 、IHC (免疫組織化学) 、IF (免疫蛍光染色) 、ICC (免疫細胞科学)、IFC (フローサイトメトリー(間接法))
標識 非標識
別名 Transient receptor potential cation channel subfamily V member 1, Capsaicin receptor, Vanilloid receptor 1, OTRPC1
RRID AB_2313819.
抗原 ラットTRPV1のアミノ酸残基824-838に対応するペプチド (C)EDAEVFKDSMVPGEK(Accession O35433)。
細胞内、C末端側。
ラットTRPV1のアミノ酸残基824-838に対応するペプチド
アイソタイプ Rabbit IgG
精製方法 Affinity purified on immobilized antigen.
商品形態 凍結乾燥粉末(Lyophilized powder)
溶解方法(再構成) 25µl、50µlあるいは0.2ml (商品サイズに依ります) のdouble distilled water (DDW)に溶解ください。溶解後の溶媒はPBS, pH 7.4, 1% BSA, 0.05% NaN3となります。
溶解後の濃度 0.8mg/mL
溶解後の保管方法 溶解後の抗体液は、4℃で1週間まで保存できます。それ以上の期間は、少量の分注物を-20℃で保存ください(凍結融解の繰り返しは避けてください)。 使用前に抗体液を遠心 (10000×g 5分)してください。
KO 検証 Western blot analysis of mouse adipose tissue lysate. Tested in TRPV1-/- mice.
Chen, J. et al. (2015) Cardiovasc. Diabetol. 14, 22.

適用例

ウェスタンブロット

ヒトTRPV1をトランスフェクションしたHEK-293細胞のライセートを用いたウェスタンブロット

図1. ヒトTRPV1をトランスフェクションしたHEK-293細胞のライセートを用いたウェスタンブロット。
1. 抗TRPV1(VR1)抗体 (品番:ACC-030), (1:200).
2. TRPV1/VR1ブロッキングペプチド(品番:BLP-CC030)とプレインキュベートした抗TRPV1(VR1)抗体。

抗体と専用ブロッキングペプチドを同時購入頂く場合のみ、専用ブロッキングペプチドが40%OFFとなります。

ラット後根神経節(DRG)ライセートのウェスタンブロット

図2. ラット後根神経節(DRG)ライセートのウェスタンブロット。
1. 抗TRPV1(VR1)抗体 (品番:ACC-030), (1:200).
2. TRPV1/VR1ブロッキングペプチド(品番:BLP-CC030)とプレインキュベートした抗TRPV1(VR1)抗体。

抗体と専用ブロッキングペプチドを同時購入頂く場合のみ、専用ブロッキングペプチドが40%OFFとなります。

抗TRPV1 (VR1) 抗体のノックアウトマウスによる検証

図3. 本抗体のノックアウトマウスによる検証
抗TRPV1 (VR1) 抗体(品番:ACC-030)を用いたマウス脂肪組織ライセートのウェスタンブロット解析。
TRPV1-/-の動物では、TRPV1は検出されなかった。
(Chen, J. et al. (2015) Cardiovasc. Diabetol. 14, 22.)

免疫組織化学

ALO_ACC030_05.png

図4. 本抗体を用いた、ラット後根神経節(DRG)におけるTRPV1の染色像。
A. DRGニューロンにおけるTRPV1の染色像(赤)。
B. 抗パルバルブミン抗体の染色像(緑)。
C. 共焦点マージ像。矢印は共局在部位。

免疫細胞化学

ALO_ACC030_06.png
図5. ラットDRG細胞におけるTRPV1の発現
A. パラホルムアルデヒドで固定し、透過処理したラット後根神経節(DRG)初代培養細胞を、抗TRPV1(VR1)抗体 (品番:ACC-030), (1:200)、続いてgoat anti-rabbit-AlexaFluor-555二次抗体を用いて染色した。
B. Hoechst 33342を用いて核を染色した。
C. マージ像。

参考文献
  1. Gunthorpe, M.J. et al. (2002) Trends Pharmacol. Sci. 23, 183.
  2. Cesare, P. et al. (1999) Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 96, 7658.
  3. Kim, J. et al. (2003) Nature 424, 81.
  4. Ross, R.A. et al. (2003) Br. J. Pharmacol. 140, 790.
  5. Tominaga, M. et al. (1998) Neuron 21, 531.
  6. Agopyan, N. et al. (2004) Am. J. Physiol. 286, L563.
  7. Reilly, C.A. et al. (2003) Toxicol. Sci. 73, 170.

抗TRPV1 (VR1) 抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti TRPV1, Rat (Rabbit) Unlabeled詳細データ ALO ACC-030 25 UL
[0.6 mg/ml]
¥64,000
Anti TRPV1, Rat (Rabbit) Unlabeled詳細データ ALO ACC-030 50 UL
[0.6 mg/ml]
¥90,000
Anti TRPV1, Rat (Rabbit) Unlabeled詳細データ ALO ACC-030 0.2 ML
[0.6 mg/ml]
¥134,000
TRPV1/VR1 Blocking Peptide詳細データ ALO BLP-CC030 40 UG
¥54,000
pagetop

【関連商品】

蛍光標識された一次抗体です。多重染色に使用できます。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti TRPV1, Rat (Rabbit) ATTO 488詳細データ ALO ACC-029-AG 50 UL
¥80,000
pagetop

本抗体を使用した文献

KOマウスによる検証文献

  1. Western blot analysis of mouse adipose tissue lysate. Tested in TRPV1-/- mice.
    Chen, J. et al. (2015) Cardiovasc. Diabetol. 14, 22.

[ウェスタンブロット]

  1. Mouse myoblasts (1:1000).: Obi, S. et al. (2017) J. Appl. Physiol. 122, 683.
  2. Human sperm lysate.: De Toni, L. et al. (2016) PLoS ONE 11, e016722.
  3. Mouse DRG lysate (1:1000).: Khoutorsky, A. et al. (2016) Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 113, 11949.
  4. Human placenta lysate (1:500).:Martinez, N. et al. (2016) Placenta 40, 25.
  5. Mouse adipose tissue lysate. Also tested in TRPV1-/- mice.: Chen, J. et al. (2015) Cardiovasc. Diabetol. 14, 22.
  6. Rat brain lysate.: Nam, J.H. et al. (2015) Brain 138, 3610.
  7. Human brain lysate.: Nam, J.H. et al. (2015) Brain 138, 3610.
  8. Mouse brain stem and spinal cord lysates (1:500).: Kim, H.S. et al. (2014) Carcinogenesis 35, 1652.
  9. Human peripheral blood mononuclear cells (PBMCs) and Natural Killer cells (NK) (1:500).: Kim, H.S. et al. (2014) Carcinogenesis 35, 1652.

[免疫組織化学]

  1. Rat DRG sections (1:500).:  Morgan, M. et al. (2019) Bone 123, 168.
  2. Human testis sections.:  Malhotra, J.D. et al. (2001) Circulation 103, 1303.
  3. Rat DRG sections (1:100).:  Doppler, K. et al. (2016) Brain 139, 2617.
  4. Human placenta sections (1:100).:  Malhotra, J.D. et al. (2001) Circulation 103, 1303.
  5. Mouse DRG sections.:  Lin, J.G. et al. (2015) PLoS ONE 10, e0128037.
  6. Rat brain sections.:  Nam, J.H. et al. (2015) Brain 138, 3610.
  7. Human brain sections.:  Nam, J.H. et al. (2015) Brain 138, 3610.
  8. Mouse trigeminal sections (1:400).:  Ono, K. et al. (2015) J. Neurophysiol. 113, 3345.
  9. Rat trigeminal sections (1:500).: Urata, K. et al. (2015) J. Dent. Res. 94, 446.
  10. Human uveal melanoma sections (1:200).:  Mergler, S. et al. (2014) Cell. Signal. 26, 56.
  11. Rat DRG sections (1:1000).:  Isensee, J. et al. (2014) J. Cell Sci. 127, 216.
  12. Human skin sections (1:1000).:  Cheng, H.T. et al. (2013) J. Pain. 14, 941.

[免疫細胞化学]

  1. Mouse myoblasts.:  Obi, S. et al. (2017) J. Appl. Physiol. 122, 683.
  2. Human sperm cells.:  De Toni, L. et al. (2016) PLoS ONE 11, e016722.
  3. Mouse DRG neurons.: Devesa, I. et al. (2014) Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 111, 18345.

[フローサイトメトリー]

  1. Human sperm cells.: De Toni, L. et al. (2016) PLoS ONE 11, e016722.

[中和]

  1. Human sperm cells.: De Toni, L. et al. (2016) PLoS ONE 11, e016722.

[その他]

  1. Tanaka, Y. et al. (2016) Neuron 90, 1215.
  2. Belghiti, M. et al. (2013) J. Biol. Chem. 288, 9675.
  3. Efendiev, R. et al. (2013) J. Biol. Chem. 288, 3929.
  4. Jankowski, M.P. et al. (2013) J. Neurophysiol. 109, 2374.
  5. Lotteau, S. et al. (2013) PLoS ONE 8, e58673.
  6. Matsuura, S. e al. (2013) PLoS ONE 8, e52840.
  7. Jankowski, M.P. et al. (2012) J. Neurosci. 32, 17869.

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO