商品情報

記事ID : 38704
研究用

データの信頼性向上のためにブロッキングペプチド

このエントリーをはてなブックマークに追加

blocking-peptide-alo_01.jpg

お客様の一次抗体が本来想定しているものと結合していることを確認するにはどうしたらよいか。ブロッキングペプチドはその解決のためにあります。ウェスタンブロットや免疫染色のプロトコールと一緒にブロッキングペプチドを用いた簡単なコントロールは一次抗体の特異性を確認するのに役立ちます。つまり、アッセイのトラブルシューティングに費やす時間を短縮することができます。

  • Alomone Labs社で提供するすべてのポリクローナル抗体を網羅
  • アミノ酸解析、質量分析によるペプチドの確認
  • ウェスタンブロットによるすべてのロットの品質管理
  • 便利で安定した凍結乾燥粉末として供給

 

 

 

ブロッキングペプチドとは?

ブロッキングペプチドは、ウエスタンブロッティング (WB) や免疫染色 (IHC、ICC / IF) 技術における貴重なコントロールです。ブロッキングペプチドは、免疫時に使用された元のペプチド抗原からなり、それに対して抗体が生成されていることから「免疫ペプチド」と呼ばれることもあります。
AlomoneLabs社では、以前にブロッキングペプチドを「ネガティブコントロール抗原」と呼んでいました。ブロッキングペプチドは、抗体結合を競合あるいは阻害することができるため、ウエスタンブロッティングや免疫染色実験における、 抗体の特異性を決定付けする貴重なコントロールになります。

いつ使用するの?

抗体の特異性を検証するために、実験対照としてブロッキングペプチドを含めることをお勧めします。

 

ブロッキングペプチド 商品リストはこちら外部リンク

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO