商品情報

記事ID : 14734
研究用

GFPまたは薬剤選択マーカーを簡単ノックイン! CRISPR-Cas9 HR(HDR)用ドナーベクター

このエントリーをはてなブックマークに追加

相同組換え(HR)は、DNA二本鎖切断(DSBs)により誘発される天然のDNA修復機構です。部位特異的CRISPR Cas9-sgRNA複合体は染色体上にDNA二本鎖切断(DSBs)を産生させDNA修復へと誘導します。ドナーDNA存在下では、HRが生じた際に染色体上の遺伝的情報をドナー由来の新規情報へと置換します。

ドナー媒介型HRでは、正確に規定した遺伝子ノックアウト、インフレームの融合タグ付け(in-frame fusion tagging)、導入遺伝子挿入、および突然変異や疾患矯正を目的とした塩基対変換といった数々のアプリケーションが可能になります

使用目的

図1.CRISPR-Cas9を利用した相同組換え(HR,HDR)の作用機序。

図1.CRISPR-Cas9を利用した相同組換え(HR,HDR)の作用機序。
ドナープラスミドよりレポーター遺伝子や選択マーカーがDNA二本鎖切断(DSB誘)導型HRにより標的ゲノム部位に組込まれる。

CRISPR-Cas9 HR(HDR)用ドナーベクター

GeneCopoeia社では、HR媒介型アプリケーション用にGFPあるいは薬剤選択マーカーノックイン用のHR(HDR)用ドナークローニングベクターをご提供しています。広範なドナーベクター骨格、プロモーター、マーカー、その他有用な要素をご用意していますのでお客様の実験系に併せてお選びください。

  • 相同組換えアーム(左と右)用に2種のマルチクローニング部位(MCS)
  • 細胞選別に使用できる陽性クローン選択用のGFPなどのレポーター遺伝子
  • 陽性クローン選択用のピューロマイシンやネオマイシンといった薬剤選択マーカー
  • 無作為組込みを排除するためのTK選択マーカー
  • 簡便なCre介在型カセット除去用のLoxP部位

商品リスト

品番プロモーターレポーター
遺伝子
選択マーカーLoxPサイトベクター
マップ
pDonor-D01 EF1a copGFP Puromycin N/A pDonor-D01
pDonor-D02 CMV copGFP Neomycin N/A pDonor-D02
pDonor-D03 CMV N/A Neomycin N/A pDonor-D03
pDonor-D04 CMV N/A Puromycin N/A pDonor-D04
pDonor-D05 EF1a N/A Neomycin N/A pDonor-D05
pDonor-D07 EF1a copGFP Puromycin/TK LoxP pDonor-D07
pDonor-D08 CMV copGFP Neomycin/TK LoxP pDonor-D08
pDonor-D09 EF1a N/A Puromycin/TK LoxP pDonor-D09
pDonor-D10 CMV N/A Neomycin/TK LoxP pDonor-D10
pDonor-D11 PGK copGFP Puromycin/TK LoxP pDonor-D11
pDonor-D12 EF1a copGFP Hygromycin/TK LoxP pDonor-D12
pDonor-D13 PGK copGFP Neomycin/TK LoxP pDonor-D13
pDonor-D14 PGK N/A Puromycin/TK LoxP pDonor-D14

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「CRISPR-Cas9 HR(HDR)用ドナーベクター」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO