商品情報

研究用

リン脂質症、オートファゴソーム、細胞毒性を測定LYSO-ID® Red 細胞毒性キット (GFP-Certified®)

このエントリーをはてなブックマークに追加

LYSO-ID® Red 検出キットは96-well マイクロプレートのセルベースアッセイで、生細胞中の薬剤または毒物誘導リソソームとリソソーム様オルガネラの障害を測定する迅速で定量性のあるアプローチです。

特長

  • リソソーム分解の障害をモニター
  • 合成リン脂質アナログと一緒にインキュベーションすることなく薬物反応を解析
  • 前臨床薬剤安全性試験や in vitro 毒性試験に最適
  • 迅速反応 10-15 分間
  • 固定&透過処理不要

構成内容

  • デュアルカラー検出試薬
  • 検出バッファー
  • Verapamil コントロール/li>
  • アッセイバッファー

アプリケーション例


図1.リソソーム障害活性のある化合物をスクリーニング。
一般的な蛍光マイクロプレートリーダーを用いて測定した。U2OS 細胞のEC50 を評価した。本アッセイを用いて得られた高Z-factor(0.87 / 100uM verapamil)は、優れたS/N 比を示す。


図2.リン脂質症に起因するリソソーム部分の変化。
未処理のU2OS 細胞(A)、クロロキン処理細胞(B)、クロルプロマジン処理細胞(C)、ベルパミル処理細胞(D) の蛍光顕微鏡画像。これら3 種類の化合物はリソソーム内でリン脂質の異常な蓄積を誘導することで知られている。結果として、層状体を示す。核をHoechst 33342 でカウンター染色した。

LYSO-ID® Red 細胞毒性キット/ GFP-Certified®

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
LYSO-ID(R) Red cytotoxicity kit(GFP CERTIFIED(R))詳細データ ENZ ENZ-51015-KP002 1 KIT
[2 x 96-well plates]
¥64,000

【関連商品】

関連ページ

 

製品使用文献

  1. SerpinB2 (PAI-2) modulates proteostasis via binding misfolded proteins and promotion of cytoprotective inclusion formation: J.A. Lee, et al.; PLoS One 10, e0130136 (2015), Application(s): Autophagy response measured by fluorescence microplate reader, Abstract;外部リンク Full Text 外部リンク
  2. Involvement of interleukin-1β in the autophagic process of microglia: relevance to Alzheimer's disease: A. François, et al.; J. Neuroinflammation 10, 151 (2013), Application(s): Measurement with a microplate reader, Abstract;外部リンク Full Text 外部リンク
  3. The full-of-bacteria gene is required for phagosome maturation during immune defense in Drosophila: M.A. Akbar, et al.; J. Cell Biol. 192, 383 (2011), Abstract;外部リンク
  4. A live-cell fluorescence microplate assay suitable for monitoring vacuolation arising from drug or toxic agent treatment: J. Coleman, et al.; J. Biomol. Screen. 15, 398 (2010), Abstract;外部リンク
  5. Automated detection of drug-induced lysosomal cytotoxicity - automation of the Lyso-ID Red assay using the EL406 combination washer dispenser: P. Held, et al.; Lab Manager Magazine June, (2010), Full Text 外部リンク

参考文献

  1. Intense pseudotransport of a cationic drug mediated by vacuolar ATPase: procainamide-induced autophagic cell vacuolization: G. Morissette, et al.; Toxicol. Appl. Pharmacol. 228, 364 (2008), Abstract; 外部リンク
  2. Drug-induced phospholipidosis: N. Anderson & J. Borlak; FEBS Lett. 580, 5533 (2006), Abstract; 外部リンク
  3. N-substituted 4-aminobenzamides (procainamide analogs): an assessment of multiple cellular effects concerning ion trapping: G. Morissette, et al.; Mol. Pharmacol. 68, 1576 (2005), Abstract; 外部リンク
  4. Massive cell vacuolization induced by organic amines such as procainamide: G. Morissette, et al.; J. Pharmacol. Exp. Ther. 310, 395 (2004), Abstract; 外部リンク
  5. Quantitation of the lysosomotropic character of cationic amphiphilic drugs using the fluorescent basic amine Red DND-99: B.Lemieux, et al.; Anal. Biochem. 327, 247 (2004), Abstract; 外部リンク

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO