商品情報

記事ID : 15075
研究用

ヒトiPS細胞で相同組換え効率を促進L755,507(CRISPR Editing Enhancer)

このエントリーをはてなブックマークに追加

L755,507は、強力かつ選択的なβ3アドレナリン受容体のパーシャルアゴニストです。CRISPR-Cas9システムでの相同組換え(HDR)効率をヒトiPS細胞やその他細胞種で促進させます。

背景

L755,507 について

L-755,507は、強力かつ選択的なβ3アドレナリン受容体のパーシャルアゴニストとして特徴付けられました(EC50 ~0.43 nM)。β1、β2アドレナリン受容体よりも1000倍の選択性をもっています(EC50 ~ 580 nM and >10000 nM for β1- and β2-adrenoceptors respectively)。また、in vitro でアカゲザル脂肪細胞の脂肪分解を刺激します(EC50 = 3.9 nM)。

近年の研究では、L-755,507がCRISPR介在性の相同組換え(HDR)効率をヒトiPS細胞やその他細胞種で促進することが報告されています。

L755,507の詳細情報
分子量 584.73 L755,507, CRISPR Editing Enhancer
組成 C30H40N4O6S
CAS RN® 159182-43-1
溶解性 DMSO up to 100 mM
化合物名 (S)-4-(3-hexylureido)-N-(4-(2-((2-hydroxy-3-(4-hydroxyphenoxy)propyl)amino)ethyl)phenyl) benzenesulfonamide

使用方法

用途用法
In vitro L755,507を終濃度 1-5 µM で使用(様々な in vitro アッセイ)
In vivo L755,507をアカゲザル(rhesus monkeys)に0.1 mg/kgで急速投与後、30%の代謝率を刺激
参考文献

  1. Fisher MH, et al. A selective human beta3 adrenergic receptor agonist increases metabolic rate in rhesus monkeys. (1998) J Clin Invest.101(11):2387-93.[PMID : 9616210]
  2. Parmee ER, et al. Discovery of L-755,507: a subnanomolar human beta 3 adrenergic receptor agonist. (1998) Bioorg Med Chem Lett. 8(9):1107-12.[PMID : 9871717]
  3. Yu C, et al. Small Molecules Enhance CRISPR Genome Editing in Pluripotent Stem Cells. (2015) Cell Stem Cell.16(2):142-7. [PMID : 25658371]

L755,507(CRISPR Editing Enhancer)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
L755,507, CRISPR Editing Enhancer詳細データ XCB M60237-2S 2 MG
¥28,000

関連商品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO