商品情報

記事ID : 11768
研究用

尿サンプルから高収率で回収・分離 DiagExo® 尿中エクソソーム単離キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

尿サンプルからエクソソームを迅速かつ効率的に単離するためのキットです。

101 Bio社 エクソソーム単離/分離キット一覧

背景

エクソソームは、細胞由来の直径20-200nmの細胞外小胞で、広範囲の生体液(血液、尿、羊水、細胞培養培地など)に存在しています。エクソソームは、細胞内情報伝達に重要な役割を果たし、ある種のヒトの疾病に対する治療や予後マーカー、診断マーカーとして使用できる可能性を持っています。

特長

  • 高純度のエクソソームを単離
  • 超遠心法よりも高い回収率(約10倍)
  • 超遠心、煩雑な単離操作は不要、操作時間は2時間程度
  • 抗体ベースの手法より低コスト
  • わずか1mLの尿サンプルから高収率でエクソソームを回収
  • 回収したエクソソームは各種アプリケーションに適用可能(EM研究、エクソソームラベル、エクソソームサブポピュレーション、エクソソームmiRNAのqRT-PCRプロファイリング、エクソソームタンパク質のゲル分析やELISAなど)

構成内容

  • 溶液A、B、C
  • DiagExo® エクソソームカラム

操作概要

  1. サンプルの準備:2 mLの尿サンプルを3,000×g 4℃で15分間遠心し、細胞やデブリを取り除きます。
    この工程を省くと、ステップ15でフィルターが目詰まりする原因になります。
  2. ペレットを崩さないように注意しながら、2 mLの上清(透明)をガラス管1に移し氷上で冷やします。
  3. 別のガラス管2に溶液A/B/CをA(0.166 mL)、B(0.166 mL)、C(0.668 mL)の順に加え、A/B/C混合液を調製します。
  4. ガラス管2(A/B/C混合液)を10秒ほどボルテックスし、よく混ぜます。
  5. A/B/C混合液をすべてガラス管1(尿サンプル2 mL)に加えます。
  6. ガラス管1にしっかりキャップをし、30秒ほどボルテックスします。その後4℃で1時間インキュベートします。
  7. a. 混合溶液は3層に分かれます。中間層を乱さないように注意しながら青色の上層をピペットで取り除き、ステップ8に進みます。
    ステップ7aの分離
    b.場合によっては2層(上層:青色、下層:白濁)しか見えないことがあります。その際には青色の上層を慎重に取り除き、ステップ8に進みます。ステップ7bの分離
    層の分かれ目がはっきりしない場合は、さらにA/B/C混合液1 mLを加え30秒ほどボルテックスし、よく混ぜます。4℃で30分間インキュベートした後、ステップ7aから再開してください。
  8. ガラス管1に残った液体を2.0 mL遠心用マイクロチューブに移します。5,000×gで3分間遠心すると、さらに3層に分かれます。
    層の分かれ目がぼやけてしまうため、すぐに次のステップに進んでください。
    ステップ8の分離  
  9. 上層を取り除きます。次にピペットのチップをチューブの底まで差し込み、無色の下層を完全に取り除きます。チューブにはエクソソームが含まれる中間層のみを残します。
    ステップ9の分離 
  10. 中間層を別の0.5 mL遠心用マイクロチューブに移します。5,000×g で3分間遠心し、ステップ9を繰り返します。モヤモヤしたペレットがチューブに残ります。検証実験では、ペレットの容量は約25 µLでした。
  11. 室温で5-10分間、チューブのキャップを開けて乾燥させます。
    乾燥させ過ぎに注意してください。
  12. 1× PBSをペレットの4倍量加えます。十分にピペッティング(40回程度)を行い、ペレットを再懸濁します。検証実験ではPBS 100 µL(4×25 µL ペレット)を加えました。
  13. チューブを水平型のシェーカーで高速で3分間振とうし、十分にピペッティング(10回程度)します。振とう・ピペッティングをさらに2回繰り返します。
    ペレットがうまく再懸濁されないと、エクソソームがペレット中に絡まってしまい、エクソソームの純度および収量が低下する原因になります。ペレットが溶解しにくいサンプルの場合は、ステップ12と13のピペッティング回数を増やし、振とう時間を延長してください。
  14. チューブを5,000× g で5分間遠心します。ペレットを崩さないように慎重に上清をPureExo® カラム(キット構成品)に移します。
  15. PureExo® カラムを1,000× g で5分間遠心し、ろ過画分を回収します。
  16. このろ過画分が分離精製されたエクソソームです。ダウンストリームのアッセイに使用するか冷蔵または冷凍保存してください(4℃:1週間 −80℃:3ヶ月)。濃縮したエクソソームは静置しておくと沈殿してしまうので、ピペッティングでよく懸濁してからご使用ください。

DiagExo® 尿中エクソソーム単離キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
DiagExo(R) Urinary Exosome Isolation kit, Trial size詳細データ OBL P120S 1 KIT
[2 RXN]
¥36,000
DiagExo(R) Urinary Exosome Isolation kit詳細データ OBL P120 1 KIT
[10 RXN]
¥100,000
DiagExo(R) Urinary Exosome Isolation kit詳細データ OBL P120L 1 KIT
[40RXN]
¥375,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO