商品情報

記事ID : 34877
研究用

ELISpotのポジティブコントロールポジティブコントロール:T細胞

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリクローナル刺激

CD3抗体

選択されたCD3抗体は、T細胞のポリクローナル活性化因子として使用することができます。マブテック社では、IFN-γ、IL-2、IL-4、IL-5、IL-10、IL-13およびIL-17Aを含む多数のサイトカインの放出を誘発するヒトおよびサルCD3に対するモノクローナル抗体を提供いたします。in vitroで産生されたモノクローナル抗体ですので、ロット間のばらつきも低く抑えられています。

レクチン

フィトヘマグルチニン(PHA)およびコンカナバリンA(ConA)等のレクチンは強力なT細胞活性化因子として知られています。

精製したPBMCによるIFN-γサイトカイン分泌のELISpotアッセイ結果
図.1 精製したPBMCによるIFN-γサイトカイン分泌のELISpotアッセイ結果
細胞(50,000細胞/well)を、抗CD3(1:1000)の非存在下または存在下で20時間インキュベートし、IFN-γを分泌する細胞の数をELISpotで分析した。

抗原特異的刺激

特異的応答を誘導することが知られている抗原も、ポジティブコントロールとして有用です。ELISpotでの主な使用例は、抗原特異的ヒトCD8 + T細胞によるIFN-γ産生の検出で、この用途では抗原特異的なポジティブコントロールのCEFペプチドプールが開発されています。

CEFペプチドプールは、全白人人種の約90%においてヒトCD8 + T細胞を刺激し、IFN-γ応答を優先的に産生する23のウイルスペプチドで構成されています。 このペプチドは、様々なHLA型のドナーからT細胞を刺激するように設計されたCMV、EBVおよびインフルエンザウイルス由来のMHCクラスI拘束性T細胞エピトープを含みます。 それはまた、多くの個体からの細胞におけるパーフォリンおよびグランザイムB応答を誘発します。CEFペプチドプールは、ポジティブコントロールとして機能することに加えて、標準化にも有用です。

ヒトIFN-γELISpotにおけるPBMCおよび分画T細胞のCEFペプチドプール刺激
図.2 ヒトIFN-γELISpotにおけるPBMCおよび分画T細胞のCEFペプチドプール刺激
ヒトPBMCは、CD4 +またはCD8 + T細胞が枯渇または濃縮されていた。 次に、CEFプールおよびIFN-γ分泌細胞を用いて細胞を刺激した。

ポジティブコントロール:T細胞

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti CD3, Human (Mouse) Unlabeled, CD3-2詳細データ MAB 3605-1-1000 1 MG
[1mg / ml]
¥108,000
Anti CD3, Human (Mouse) Unlabeled, CD3-2詳細データ MAB 3605-1-250 0.25 MG
[1mg / ml]
¥33,000
anti-CD3 mAb CD3-2, purified, Human (Mouse) Unlabeled, CD3-2詳細データ MAB 3605-1-50 500 UL
[0.1mg / ml]
¥13,000
Anti CD3, Human (Mouse) Fluorescein Isothiocyanate, CD3-2詳細データ MAB 3605-2 100 TEST
[1mg / ml]
¥45,000
Anti CD3, Monkey (Mouse) Unlabeled, CD3-1詳細データ MAB 3610-1-50 500 UL
[0.1 mg/mL]
¥10,000
CEF Peptide Pool, Human詳細データ MAB 3615-1 100 UL
¥22,000

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「ポジティブコントロール:T細胞」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO