• ホーム
  • 商品情報
  • VitroCol® ヒト由来I型コラーゲン(3 mg/mL 溶液/凍結乾燥品)

商品情報

記事ID : 14199
研究用

ヒト細胞培養に最適!コラーゲンコート・3Dゲル調整用VitroCol® ヒト由来I型コラーゲン(3 mg/mL 溶液/凍結乾燥品)

このエントリーをはてなブックマークに追加

VitroCol®コラーゲンは、高純度のヒト由来I型コラーゲンです。ヒト細胞培養時の、細胞培養容器のコーティングや3Dゲル調製に最適です。溶液タイプ(濃度:3 mg/mL、容量:20 mL)と凍結乾燥タイプ(15 mg)を用意しております。

  • 高純度(>99.9%)
  • 機能的
  • 高い再現性
  • 卓越したロット一貫性
VitroCol®細胞培養用コラーゲン
 

 


細胞培養用コラーゲンI

PureCol® ウシ由来I型コラーゲン
ウシ由来I型コラーゲン

(3 mg/mL 溶液/凍結乾燥品)
VitroCol® ヒト由来I型コラーゲン
ヒト由来I型コラーゲン

(3 mg/mL 溶液/凍結乾燥品)
 

特長

VitroCol® コラーゲン

VitroCol®は、ヒト由来の精製済みコラーゲンIです。高純度(>99.9%)な標準的コラーゲンで、機能的に天然型のヒトコラーゲンに近い性質を有しています。 VitroCol®コラーゲンは、ヒト胎児由来の線維芽細胞を最適な条件で培養し、効率的かつ自然に分泌させた細胞外マトリックスから精製したヒトコラーゲンです。また、約97%のI型コラーゲン(残りはIII型コラーゲン)から構成され、ゲル浸透クロマトグラフィーによって高いモノマー含量を有することが調べられています。VitroCol®溶液(品番:5007-20ML)は約3 mg/mLの濃度で、凍結乾燥品(品番:5008-15MG)は15 mgの容量で供給されます(各ロットの濃度は、購入ロットの 試験成績書;CoA 外部リンク を参照ください)。VitroCol®は、可溶性アテロコラーゲンです(in 0.01N HCI, pH 約2.0)。VitroCol®は、可溶性アテロコラーゲンです(in 0.01N HCI, pH 約2.0)。

VitroCol®コラーゲンは、ヒト由来細胞の培養系に適しています。細胞培養容器の表面コーティングや3Dゲルとしてに最適な、フィルター滅菌済みの ready to use 溶液です。

3Dゲルの調製には、溶液タイプ(品番:5007-20ML)をご使用ください。凍結乾燥品(品番:5008-15MG)は推奨しておりません。

コラーゲン仕様(試験項目、試験方法)

Parameter, Testing, and Method VitroCol® Collagen Solution
(品番:5007-20ML
VotroCol® Collagen Lyophilized
(品番:5008-15MG
滅菌方法 Filtration Filtration
形状 Solution Lyophilized Powder
包装サイズ 20 mL 15 mg
保存温度 2-10 ℃ -20 ℃ prior to reconstitution2 to 10 ℃ after reconstitution
有効期限 Listed on product label and Certificate of Analysis Listed on product label and Certificate of Analysis
濃度(ビウレットタンパク質定量法) 2.9-3.2 mg/mL 2.9 - 3.2 mg/mL
(Prior to Lyophilization)
純度(コラーゲン濃度) >99.9% >99.9%
pH Approx. pH 2, 0.01 N HCl Approximately pH 2
(Prior to Lyophilization)
ゲル化時間
(Gel Time Assay)
≤90 minutes ≤90 minutes
(Prior to Lyophilization)
原線維形成
(Fibril Formation)
>0.5 Absorbance Units >0.5 Absorbance Units
(Prior to Lyophilization)
ポリアクリルアミド電気泳動
(SDS-PAGE)
≥ 85% collagen containing within alpha, beta, and gamma bands ≤ 15% collagen contained with bands traveling faster than alpha ≥ 85% collagen containing within alpha, beta, and gamma bands ≤ 15% collagen contained with bands traveling faster than alpha
無菌性 No growth No growth
エンドトキシン
(LAL)
≤1.0 EU/mL ≤1.0 EU/mL
細胞接着アッセイ Pass Pass
由来 Human, Neo-Natal, Fibroblasts Human, Neo-Natal, Fibroblasts

Vitrocol® 使用時の細胞接着アッセイデータ

細胞接着アッセイ

細胞接着性の検証のため、Vitrocol®コート容器と非コート容器(コントロール)にそれぞれ細胞を播種した(無血清DMEM培地を使用)。1%BSAを含む溶液でブロッキング後、細胞を37℃で1時間接着させた。 DPBSで洗浄後、VitroCol®を使用した場合に有意な細胞接着性を示した。

VitroCol® 無し
(コントロール)
VitroCol® 有り
Human Umbilical Vein Endothelial Cells (HUVEC) 10X Human Umbilical Vein Endothelial Cells (HUVEC) 10X
Human Umbilical Vein Endothelial Cells (HUVEC) 10X
VERO Epithelial Cells 10X VERO Epithelial Cells 10X
VERO Epithelial Cells 10X
Human Dermal Fibroblast Cells 10X Human Dermal Fibroblast Cells 10X
Human Dermal Fibroblast Cells 10X
MDCK Epithelial Cells 10X MDCK Epithelial Cells 10X
MDCK Epithelial Cells 10X

プロトコール ‐概要‐

使用製品:Vitrocol®溶液(品番:5007-20ML
3Dゲルの調製には、溶液タイプ(品番:5007-20ML)をご使用ください。凍結乾燥品(品番:5008-15MG)は推奨しておりません。

培養容器コーティング手順

  1. 必要量のコラーゲンをボトルから取り出し、希釈容器に分注します。
  2. Vitrocol®を0.01 N HCl溶液で、希釈します。典型的なワーキング溶液濃度は、10〜100 μg/mLです。
  3. 培養容器に、適切な量の希釈Vitrocol®を添加します。
  4. 室温または37℃で1-2時間インキュベートします。
  5. インキュベート後、上清を吸引除去します。
  6. 滅菌培地またはPBSでコート表面を傷つけないように慎重にリンスします。
  7. 細胞培養を開始します。無菌性が保たれる場合、湿潤条件下または乾燥空気条件で2〜8℃で保存できます。

3D ゲル調製手順

  1. 10× PBS または 10× 培養液と冷却されたコラーゲン溶液を 1:8の割合で回転させながら穏やかに混合します。
  2. 滅菌された 0.1 M NaOHで、pH 7.2–7.6に調製します。(pH メーター, フェノールレッド, または pH 試験紙)
  3. 滅菌水を加え、トータル量を10に合せます。
  4. ゲル化を防ぐために、混合液を2〜10℃の温度で維持します。
  5. 37℃でゲルを形成させます。(約90分〜120分でゲルが形成されます。)

ゲル作製手順動画

VitroCol® ヒト由来I型コラーゲン(3 mg/mL 溶液/凍結乾燥品)

• VitroCol® 溶液

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
VitroCol(R) Collagen, Human詳細データ ADM 5007-20ML 20 ML
[3 mg/ml]
¥88,000

• VitroCol® 凍結乾燥

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
VitroCol(R) Collagen, Human ADM 5008-15MG 15 MG
¥78,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO