• ホーム
  • シロイヌナズナのブラシノステロイドシグナル伝達経路

シロイヌナズナのブラシノステロイドシグナル伝達経路

Arabidopsis Brassinosteroid Signaling Pathway

Connections Maps

Sci. STKE, 5 December 2006 Vol. 2006, Issue 364, p. cm5
[DOI: 10.1126/stke.3642006cm5]

Youssef Belkhadir, Xuelu Wang, and Joanne Chory*

Howard Hughes Medical Institute, Plant Biology Laboratory, The Salk Institute, 10010 N. Torrey Pines Road, La Jolla, CA 92037, USA.
*Corresponding author. E-mail, chory@salk.edu

要約  植物はいくつかの植物ホルモンの作用を介してサイズを制御する。成長促進ホルモンのひとつのクラスは、植物のポリヒドロキシ化ステロイドホルモンであるブラシノステロイド(BR)である。ここでは、すべての植物にみられる主要なBRシグナル伝達経路成分として初めて見つかったシロイヌナズナ(Arabidopsis)特異的タンパク質について紹介する。その短い世代時間、洗練された遺伝学、容易な形質転換法により、これらの成分を同定した遺伝学的研究は、もっぱらシロイヌナズナで行なわれるため、すべての陸上植物における基本的プロセスを理解するためには対照となる植物が重要であることが浮き彫りにされる。

Y. Belkhadir, X. Wang, J. Chory, Arabidopsis Brassinosteroid Signaling Pathway. Sci. STKE 2006, cm5 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る