今週のScience Signaling 2022年6月21日号

Editor's Choice

メラノーマを目覚めさせる

Waking up melanoma

Research Article

PKAによるニューロリジン-2のリン酸化が、その細胞表面の存在量とシナプスの安定化を制御する

Phosphorylation of neuroligin-2 by PKA regulates its cell surface abundance and synaptic stabilization

2022年6月14日号

Editor's Choice

立ち上がって汗を流してがんを治療しよう

Research Article

甲状腺ホルモン受容体α1の疾患関連変異はマウスの難聴と感覚有毛細胞のパターン形成不全を引き起こす

2022年6月7日号

Editor's Choice

1つずつ記憶を作る

Research Article

コレステロール誘導体はヒトβ2アドレナリン作動性受容体を温度によって非線形に安定化する

2022年5月31日号

Editor's Choice

腫瘍進展のためのギ酸

Research Article

キナーゼ欠損型BTK変異体はキナーゼHCKの活性化を介してイブルチニブ耐性を付与する

Reviews

変化する環境に対するT細胞の知覚と応答は初期値の法則に基づく

2022年5月24日号

Editor's Choice

β-アレスチンテールのねじれ

Research Article

変形性関節症ではlncRNA PILAがタンパク質アルギニンメチルトランスフェラーゼPRMT1の活性を刺激することによりNF-κBシグナル伝達を促進する

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2021
Japanese Scientists in Science 2021

コスモ・バイオは、AAAS(米国科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2021年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2021(2022年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2020
Japanese Scientists in Science 2020

コスモ・バイオは、AAAS(米国科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2020年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2020(2021年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]