• ホーム
  • i/o経路によるNeuro 2Aの分化

i/o経路によるNeuro 2Aの分化

Neuro2A Differentiation by Gα i/o Pathway

Connections Maps

Sci. Signal., 20 January 2009
Vol. 2, Issue 54, p. cm1
[DOI: 10.1126/scisignal.254cm1]

Avi Ma'ayan*, Sherry L. Jenkins, Alexander Barash, and Ravi Iyengar

Department of Pharmacology and Systems Therapeutics, Mount Sinai School of Medicine, New York, NY 10029, USA.
* Corresponding author. E-mail: avi.maayan@mssm.edu

要約  セロトニン1B受容体、カンナビノイド1受容体およびドーパミンD2受容体などのGi/o共役型Gタンパク質共役型受容体(GPCR)からのシグナル伝達は、アデニル酸シクラーゼによるcAMP産生を抑制し、Src、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ1および2、Aktなどのタンパク質キナーゼを活性化する。このようなプロテインキナーゼの活性化によって、中枢神経系(CNS)および神経細胞株の神経突起伸長が刺激される。本関連マップは、Gi/o共役型GPCRからニューロンの分化に関与する主要なプロテインキナーゼおよび主要な転写因子への下流シグナル伝達経路を辿っている。Science Signalingの関連マップコンポーネントはNatureのMoleculeのページとリンクしている。このような相互運用性により、接点の特定の状態などに関する詳細な情報にすぐにアクセスすることができる。

A. Ma'ayan, S. L. Jenkins, A. Barash, R. Iyengar, Neuro2A Differentiation by Gα i/o Pathway. Sci. Signal. 2, cm1 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る