• ホーム
  • 神経生物学 神経の生産ラインを管理する

神経生物学 神経の生産ラインを管理する

NEUROBIOLOGY:
Managing the Neural Production Line

Editor's Choice

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 327, pp. tw103, 21 March 2006.
[DOI: 10.1126/stke.3272006tw103]

要約 : 発生中の脳の神経前駆細胞は、αE-カテニン含有接着結合を介して隣接細胞と相互作用する。Lienら(DiCicco-BloomによるPerspective参照)は、胎児脳発生期にαE-カテニン遺伝子をコンディショナルノックアウトすると、出生時の脳に通常の2倍の細胞が含まれるマウスが生じることを突き止めた。接着結合が占める細胞の表面積は細胞の密度を規定し、十分だが過剰ではない量の脳細胞が産生されるように細胞増殖を調節しているようである。

W.-H. Lien, O. Klezovitch, T. E. Fernandez, J. Delrow, V. Vasioukhin, αE-catenin controls cerebral cortical size by regulating the hedgehog signaling pathway. Science 311, 1609-1612 (2006). [Abstract] [Full Text]

E. DiCicco-Bloom, Neuron, know thy neighbor. Science 311, 1560-1562 (2006). [Summary] [Full Text]

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る