• ホーム
  • 2つの二股タンパク質の細胞生物学的物語

2つの二股タンパク質の細胞生物学的物語

Cell Biology Tale of Two Two-Timing Proteins

Editor's Choice

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 356, p. tw345, 10 October 2006
[DOI: 10.1126/stke.3562006tw345]

L. Bryan Ray

Science, Science’s STKE, AAAS, Washington, DC 20005, USA

要約 : 細胞は、転写因子TFII-Iを始め、多くのタンパク質に複数の用途を持たせる。Caraveoら(ParkとDolmetschによるPerspective参照)は、TFII-Iが、それ自身が細胞カルシウム濃度を制御する二重の役割を持つ別のタンパク質であるホスホリパーゼC-γ(PLC-γ)と相互作用することで、細胞へのカルシウム流入を阻害する可能性があることを突き止めた。PLC-γは、細胞内ストアからのカルシウム放出を引き起こすセカンドメッセンジャーであるイノシトール1,4,5‐三リン酸の生成を促進するとともに、膜カルシウムチャネルTRPC3と相互作用し、チャネルの原形質膜への挿入を促進する。TFII-IとPLC-γとの相互作用は、TFII-Iのリン酸化に依存するようであり、PLC-γのTRPC3チャネルとの相互作用を阻害し、それにより原形質膜を介したカルシウム流入を制限する可能性がある。

G. Caraveo, D. B. van Rossum, R. L. Patterson, S. H. Snyder, S. Desiderio, Action of TFII-I outside the nucleus as an inhibitor of agonist-induced calcium entry. Science 314, 122-125 (2006). [Abstract] [Full Text]
C. Y. Park, R. Dolmetsch, The double life of a transcription factor takes it outside the nucleus. Science 314, 64-65 (2006). [Abstract] [Full Text]

L. B. Ray, Tale of Two Two-Timing Proteins. Sci. STKE 2006, tw345 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る