• ホーム
  • 細胞生物学 タンパク質分解と増殖制御

細胞生物学 タンパク質分解と増殖制御

Cell Biology Protein Degradation and Growth Regulation

Editor's Choice

Sci. STKE, 24 October 2006 Vol. 2006, Issue 358, p. tw362
[DOI: 10.1126/stke.3582006tw362]

L. Bryan Ray

Science, Science’s STKE, AAAS, Washington, DC 20005, USA

要約 : 制御されたタンパク質分解は、根本的に重要な細胞調節メカニズムである。Dorrelloらは、ユビキチンリガーゼSCFβTRCPの結合相手を探り、プログラム細胞死タンパク質4(PDCD4)を検出した。増殖因子により活性化されるプロテインキナーゼS6K1は、PDCD4をリン酸化し、SCFβTRCPによるユビキチン化とその後の分解を促進した。PDCD4の分解は、翻訳開始因子に対する阻害作用を緩和し、タンパク質合成を亢進した。以上より、PDCD4の調節性分解は、細胞増殖と細胞のサイズを調節するようである。

N. V. Dorrello, A. Peschiaroli, D. Guardavaccaro, N. H. Colburn, N. E. Sherman, M. Pagano, S6K1- and TRCP-mediated degradation of PDCD4 promotes protein translation and cell growth. Science 314, 467-471 (2006). [Abstract] [Full Text]
N. Sonenberg, A. Pause, Protein synthesis and oncogenesis meet again. Science 314, 428-429 (2006). [Summary] [Full Text]

L. B. Ray, Protein Degradation and Growth Regulation. Sci. STKE 2006, tw362 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る