• ホーム
  • 神経科学:出生時の脳を沈静化する

神経科学:出生時の脳を沈静化する

Neuroscience Quieting the Brain at Birth

Editor's Choice

Sci. STKE, 19 December 2006 Vol. 2006, Issue 366, p. tw423
[DOI: 10.1126/stke.3662006tw423]

Pamela J. Hines

Science, AAAS, Washington, DC 20005, USA

要約 : 出生は多数の転換を伴う。ラットの研究において、Tyzioらは新たな転換を同定している。オキシトシン曝露と特定の脳ニューロンの興奮性の切り替えとの関連である。神経伝達物質GABA(γ-アミノ酪酸)は、通常胎児の脳ニューロンでは興奮性であるが、成熟すると抑制性となる。分娩中のオキシトシンへの曝露は、GABAシグナル伝達の興奮から抑制への切り替えを引き起こす。このニューロン活性の沈静化は、出生時の一過性の低酸素状態から脳を保護する役割を持つと考えられる。

R. Tyzio, R. Cossart, I. Khalilov, M. Minlebaev, C. A. Hubner, A. Represa, Y. Ben-Ari, R. Khazipov, Maternal oxytocin triggers a transient inhibitory switch in GABA signaling in the fetal brain during delivery. Science 314, 1788-1792 (2006). [Abstract] [Full Text]

P. J. Hines, Quieting the Brain at Birth. Sci. STKE 2006, tw423 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る