• ホーム
  • Gタンパク質共役受容体:β-アレスチンの役割の多様化

Gタンパク質共役受容体:β-アレスチンの役割の多様化

G Protein-Coupled Receptors Diversifying Role for β-Arrestin

Editor's Choice

Sci. STKE, 6 February 2007 Vol. 2007, Issue 372, p. tw41
[DOI: 10.1126/stke.3722007tw41]

L. Bryan Ray

Science, Science’s STKE, AAAS, Washington, DC 20005, USA

要約 : Gタンパク質(ヘテロ三量体グアニンヌクレオチド結合タンパク質)共役型受容体(GPCR)を介するシグナル伝達を制御するメカニズムは、治療薬の有力な標的であることが知られているので、その理解に多くの研究が集中している。Nelsonらは、GsクラスのGタンパク質と共役するGPCRによるシグナル伝達を制限するβ-アレスチンが、M1ムスカリン性受容体によるシグナル伝達の制御において、極めて類似する機能を持つことを示している。これらのムスカリン性受容体は、異なるシグナル伝達機構と関連する異なる種類のGタンパク質を用いる。

C. D. Nelson, S. J. Perry, D. S. Regier, S. M. Prescott, M. K. Topham, R. J. Lefkowitz, Targeting of diacylglycerol degradation to M1 muscarinic receptors by β-arrestins. Science 315, 663-666 (2007). [Abstract] [Full Text]
E. F. Grady, β-Arrestin, a two-fisted terminator. Science 315, 605-606 (2007). [Summary] [Full Text]

L. B. Ray, Diversifying Role for β-Arrestin. Sci. STKE 2007, tw41 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る