• ホーム
  • 分子生物学:マイクロRNAをカスタマイズする

分子生物学:マイクロRNAをカスタマイズする

Molecular Biology Customizing MicroRNAs

Editor's Choice

Sci. STKE, 27 February 2007 Vol. 2007, Issue 375, p. tw65
[DOI: 10.1126/stke.3752007tw65]

Guy Riddihough

Science, AAAS, Washington, DC 20005, USA

要約 : マイクロRNA(miRNA)は、真核生物の遺伝子発現を調節する広範に発現する低分子非翻訳RNAである。その合成における中間体は二本鎖であるため、miRNAはRNA編集の標的となる可能性がある。現在、Kawaharaらは、関連する哺乳動物のmiRNAクラスターのメンバーが、そのシード領域(標的特異性を決定する領域)で編集されることを示している。この編集は組織特異的であり、miRNAの潜在的な標的範囲を変化させる。

Y. Kawahara, B. Zinshteyn, P. Sethupathy, H. Iizasa, A. G. Hatzigeorgiou, K. Nishikura, Redirection of silencing targets by adenosine-to-inosine editing of miRNAs. Science 315, 1137-1140 (2007). [Abstract] [Full Text]

G. Riddihough, Customizing MicroRNAs. Sci. STKE 2007, tw65 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る