• ホーム
  • 遺伝学:変化に対する差次的応答

遺伝学:変化に対する差次的応答

Genetics
Differential Responses to Change

Editor's Choice

Sci. STKE, 1 May 2007 Vol. 2007, Issue 384, p. tw146
[DOI: 10.1126/stke.3842007tw146]

Valda Vinson

Science, AAAS, Washington, DC 20005, USA

要約 : 生物が遺伝的または環境的摂動にどのように応答するのかを理解するには、生物学的情報の複数のレベルに及ぶ定量的測定が必要である。Ishiiらは、遺伝子発現、タンパク質発現レベル、代謝物濃度、反応流束を測定するためのさまざまな技術を用いて、大腸菌(Escherichia coli)の増殖速度や遺伝的欠失への応答を調べた。大腸菌は、代謝物のレベルを安定に保つために酵素発現のレベルを調節することにより環境の変化に応答するが、メッセンジャーRNAやタンパク質のレベルは、多くの遺伝子破壊株に応じて変化しない。その代わり、多くの代謝物のレベルを安定に保つ代謝ネットワークの構造が変化する可能性がある。

N. Ishii, K. Nakahigashi, T. Baba, M. Robert, T. Soga, A. Kanai, T. Hirasawa, M. Naba, K. Hirai, A. Hoque, P. Y. Ho, Y. Kakazu, K. Sugawara, S. Igarashi, S. Harada, T. Masuda, N. Sugiyama, T. Togashi, M. Hasegawa, Y. Takai, K. Yugi, K. Arakawa, N. Iwata, Y. Toya, Y. Nakayama, T. Nishioka, K. Shimizu, H. Mori, M. Tomita, Multiple high-throughput analyses monitor the response of E. coli to perturbations. Science 316, 593-597 (2007). [Abstract] [Full Text]

U. Sauer, M. Heinemann, N. Zamboni, Getting closer to the whole picture. Science 316, 550-551 (2007). [Summary] [Full Text]

V. Vinson, Differential Responses to Change. Sci. STKE 2007, tw146 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る