• ホーム
  • 特集:シグナルの過去の記憶、神経系機能の可塑的変化

特集:シグナルの過去の記憶、神経系機能の可塑的変化

Focus Issue: Memories of Signals Past?Plastic Changes in Nervous System Function

Editorial Guidese

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 309, pp. eg10, 8 November 2005
[DOI: 10.1126/stke.3092005eg10]

Elizabeth M. Adler1* and Nancy R. Gough2

1 Associate Editor of Science's STKE, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, NW, Washington, DC 20005, USA.
2 Managing Editor of Science's STKE, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, NW, Washington, DC 20005, USA.
* Corresponding author. E-mail, eadler@aaas.org

要約 : 可塑性には、損傷に適応するための神経系の能力と発達中の脳や成熟した脳が経験に応じて変化するための能力とが含まれる。今週のScience特集号は、特に発達中の皮質の可塑性を理解するための種々の系レベルでの手法について取り上げる。また、それに伴うScience STKEの特集は、生理学的または病理学的刺激に対するシナプス可塑性の根底にある分子変化に関する問題を扱った論文やデータを特集する。

E. M. Adler, N. R. Gough, Focus Issue: Memories of Signals Past?Plastic Changes in Nervous System Function. Sci. STKE 2005, eg10 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る