• ホーム
  • 2005:シグナル伝達の「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー」

2005:シグナル伝達の「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー」

2005: Signaling Breakthroughs of the Year

Editorial Guidese

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 316, pp. eg1, 3 January 2006
[DOI: 10.1126/stke.3162006eg1]

Elizabeth M. Adler1*, Nancy R. Gough2, and L. Bryan Ray3

1 Associate Editor of Science's STKE, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.
2 Managing Editor of Science's STKE, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.
3 Editor of Science's STKE and Senior Editor of Science, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.
* Corresponding author. E-mail, eadler@aaas.org

要約 : 2005年は、細胞内シグナル伝達研究にとって、さまざまな素晴らしい進歩がみられた特に注目すべき一年であった。一流の科学者からの推薦は、植物シグナル伝達や神経生物学、免疫学からシステム生物学や構造生物学にまで及ぶ。植物生物学では、長年未解明であったオーキシンシグナル伝達のパズルに加えるべき新たなピースが見つかった。また、細胞内シグナル伝達におけるRNAの利用や調節にも注目が集まった。脳における機能的シグナル伝達とその機能異常、カルシウムが介するシグナル、自然免疫応答に関しても、興味深い新たな展開がもたらされた。さらに、生化学ネットワークの数学的・統計学的解析により、細胞シグナル伝達経路の回路構成に関する新たな洞察が得られた。

E. M. Adler, N. R. Gough, L. B. Ray, 2005: Signaling Breakthroughs of the Year. Sci. STKE 2006, eg1 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る