特集:シグナル伝達脂質

Focus Issue: Signaling Lipids

Editorial Guidese

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 321, pp. eg2, 7 February 2006
[DOI: 10.1126/stke.3212006eg2]

Nancy R. Gough*

Managing Editor of Science's STKE, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.
* Corresponding author. E-mail, ngough@aaas.org

要約 : 膜は細胞シグナル伝達に対して動的かつ特異的に寄与する。細胞の膜は、シグナル伝達複合体の形成部位を造り上げる際に重要な構造的役割を担う。膜リン脂質の変化は、膜貫通タンパク質および表在性膜タンパク質の活性を調節できる。膜脂質の修飾は、動的なシグナル伝達分子の形成をもたらすことができる。Science STKEでは、脂質や膜が細胞内シグナル伝達において担う役割に対する新たな洞察に着目する。

N. R. Gough, Focus Issue: Signaling Lipids. Sci. STKE 2006, eg2 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る