• ホーム
  • 特集:卵から卵へ―生殖細胞における細胞シグナル伝達

特集:卵から卵へ―生殖細胞における細胞シグナル伝達

Focus Issue: From Egg to Egg-Cell Signaling in Germ Cells

Editorial Guidese

Sci. STKE, 24 April 2007 Vol. 2007, Issue 383, p. eg3
[DOI: 10.1126/stke.3832007eg3]

Elizabeth M. Adler1* and Nancy R. Gough2

1 Associate Editor of Science's STKE,
2 Editor of Science's STKE, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.
* Corresponding author: E-mail: eadler@aaas.org

要約 : 生殖細胞を特集したScience Special Issueの補足となるScience STKE今週号の特集では、生殖細胞における細胞シグナル伝達をさらに詳しく検討する。STKEでは、マウスとハエにおいて始原生殖細胞の移動と生存をコントロールするさまざまな機構を説明した論文を紹介し、生殖細胞の遊走に焦点を当てる。さらに別の論文では、植物が花粉管のコントロールにより自家不和合性を調節し、不和合な精子が胚珠に不適切に到達するのを阻止する機構が説明されている。検討した各生物に共通して認められる特徴は、動物であれ、昆虫あるいは植物であれ、周辺組織からのシグナルが、生殖細胞の生存と遊走やその結果生じる配偶子をコントロールすることである。

E. M. Adler, N. R. Gough, Focus Issue: From Egg to Egg-Cell Signaling in Germ Cells. Sci. STKE 2007, eg3 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る