• ホーム
  • 特集:遺伝子調節のメカニズム

特集:遺伝子調節のメカニズム

EDITORIAL GUIDES
Focus Issue: Mechanisms of Gene Regulation

Editorial Guidese

Sci. Signal., 1 April 2008
Vol. 1, Issue 13, p. eg3
[DOI: 10.1126/stke.113eg3]

John F. Foley*

Associate Editor of Science Signaling, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.
*Corresponding author. E-mail: jfoley@aaas.org

要約 : Science Signalingの本特集では、遺伝子発現制御に関するScience 特別号(http://www.sciencemag.org/generegulation/)の補足として、遺伝子発現のオン・オフを制御する多階層にわたるメカニズムについて検討する。本号のPerspectivesでは、発がん性のRasががん抑制遺伝子の発現抑制を引き起こす機構、染色体内のループ形成によりエンハンサーとプロモーターが結び合わさって遺伝子発現を促進する機構、転写コアクチベーターの量が核内受容体を介する転写に影響を及ぼす機構について考察する。

J. F. Foley, Focus Issue: Mechanisms of Gene Regulation. Sci. Signal. 1, eg3 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る