• ホーム
  • サブオペロンによる制御シグナル

サブオペロンによる制御シグナル

Suboperonic Regulatory Signals

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2003, Issue 185, pp. pe22, 3 June 2003
[DOI: 10.1126/stke.2003.185.pe22]

Sankar Adhya*

Laboratory of Molecular Biology, National Cancer Institute, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892-4255, USA.

要約 : 原核生物はゲノムサイズが必然的に小さいため、遺伝子制御が困難である。Adhyaは、ポリシストロン性オペロンがいかにしてサブオペロンレベルで制御され、単一オペロン内で遺伝子を独立制御できるようにしているかを議論する。これにより、細胞が異なる環境条件に対応することが可能になり、また、オペロン内の遺伝子が、多岐にわたる細胞過程に関与しながらも細胞の要求に従って制御されるタンパク質をコードすることが可能になっている。サブオペロンによる制御は、遺伝子発現を非協調的にさせ、また、タンパク質やシス作用性またはトランス作用性のRNAを介する転写制御事象や翻訳制御事象を通じて起こりうる。

S. Adhya, Suboperonic Regulatory Signals. Sci. STKE 2003, pe22 (2003).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る