• ホーム
  • 年老いた犬と新しい芸、プロテアーゼ、阻害剤、および細胞遊走

年老いた犬と新しい芸、プロテアーゼ、阻害剤、および細胞遊走

Old Dogs and New Tricks, Proteases, Inhibitors, and Cell Migration

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2003, Issue 189, pp. pe24, 1 July 2003
[DOI: 10.1126/stke.2003.189.pe24]

Steingrimur Stefansson and Daniel A. Lawrence*

Vascular Biology Department, Jerome H. Holland Laboratory for the Biomedical Sciences, American Red Cross, 15601 Crabbs Branch Way, Rockville, MD 20855, USA.
*Corresponding author. Telephone, (301) 517-0356; fax, (301) 738-0497; e-mail, lawrenced@usa.redcross.org

要約 : 細胞遊走に対するプラスミノゲン活性化因子阻害物質(PAI)の作用の新規モデルは、転移と血管新生における、PAIに関する研究データの矛盾を解決するかもしれない。2つのグループから得られた結果から、PAI-1が、細胞外マトリックスに対する細胞の接着・解離サイクルの促進に役割を果たすことが明らかになった。これは、ウロキナーゼ型プラスミノゲン活性化因子(uPA)の酵素阻害物質としてのPAI-1の役割とは無関係である。インテグリン、uPAとその受容体、および低密度リポタンパク質ファミリーのクリアランス受容体の複合体の形成を通して、PAI-1は、これらの細胞接着制御タンパク質のエンドサイトーシスと再循環を促進し、細胞接着と解離の繰り返しを可能にしているのかもしれない。

S. Stefansson, D. A. Lawrence, Old Dogs and New Tricks, Proteases, Inhibitors, and Cell Migration. Sci. STKE 2003, pe24 (2003).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る