• ホーム
  • ヘッジホッグシグナル伝達の現在利用されている干渉

ヘッジホッグシグナル伝達の現在利用されている干渉

Running Interference for Hedgehog Signaling

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2003, Issue 192, pp. pe30, 22 July 2003
[DOI: 10.1126/stke.2003.192.pe30]

Alan M. Michelson*

Division of Genetics, Department of Medicine, Howard Hughes Medical Institute, Brigham and Women's Hospital, 20 Shattuck Street, Boston, MA 02115, USA.
*Contact information. Telephone, (617) 732-7411; fax, (617) 738-5575; e-mail, michelson@rascal.med.harvard.edu

要約 : RNA干渉(RNAi)という新技術により、細胞のハイスループットスクリーニングで多くの生物学的過程を検討することが可能になっている。Michelsonは、そのような系の1つである、全身のゲノム全域にわたるRNAi分析によりショウジョウバエ(Drosophila)のヘッジホッグ(Hh)経路が分析された系について議論する。結果からは、Hh経路とWingless(Wg)経路が予測外に重なり合っていることが示唆されるだけでなく、RNAi技術を用いたハイスループット分析の開発方針が立証されている。

A. M. Michelson, Running Interference for Hedgehog Signaling. Sci. STKE 2003, pe30 (2003).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る