• ホーム
  • 死神の裏をかく(OutFOXing the Grim Reaper):フォークヘッド転写因子による長寿を制御する新規機構

死神の裏をかく(OutFOXing the Grim Reaper):フォークヘッド転写因子による長寿を制御する新規機構

OutFOXing the Grim Reaper: Novel Mechanisms Regulating Longevity by Forkhead Transcription Factors

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2003, Issue 201, pp. pe39, 23 September 2003
[DOI: 10.1126/stke.2003.201.pe39]

Paul Coffer*

Department of Pulmonary Diseases, University Medical Center, Utrecht, Netherlands.
*Contact information. E-mail, p.coffer@hli.azu.nl

要約 : 線虫Caenhorhabditis elegansにおける研究から、寿命と老化を制御する機構が解明されてきた。最近の実験では、RNAiを用いた遺伝子発現のノックダウン、マイクロアレイによるインスリン/インスリン様増殖因子経路に関与する遺伝子を同定、バイオインフォマティクス・スクリーニングでフォークヘッド転写因子が制御している新規遺伝子の同定が行われてきた。これらの実験結果から、フォークヘッド転写因子ファミリーのメンバーが、熱ショック因子と共に、低分子量熱ショック蛋白質の産生を協調的に制御して、細胞ストレスによる寿命に対する影響をコントロールしている可能性が示唆され、代謝と長寿の新たな関連性および老化のプロセスに抗細菌遺伝子が関与している可能性が示された。

P. Coffer, OutFOXing the Grim Reaper: Novel Mechanisms Regulating Longevity by Forkhead Transcription Factors. Sci. STKE 2003, pe39 (2003).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る