• ホーム
  • ハンチンチン:活発かつ元気に中間管理で作用する

ハンチンチン:活発かつ元気に中間管理で作用する

Huntingtin: Alive and Well and Working in Middle Management

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2003, Issue 207, pp. pe48, 4 November 2003
[DOI: 10.1126/stke.2003.207.pe48]

Marcy E. MacDonald*

Molecular Neurogenetics Unit and Center for Human Genetic Research, Massachusetts General Hospital, Building 149, 13th Street, Charlestown, MA 02129, USA.
*Corresponding author. Phone, 617-726-5089; fax, 617-726-5735; e-mail, macdonam@helix.mgh.harvard.edu

要約 : HD遺伝子が発見されてから10年、ハンチンチンは、ニューロン細胞および非ニューロン細胞におけるシグナル伝達に関与すると考えられている。その予想される物理的性質、動的な細胞内局在、変動的なタンパク質会合により、ハンチンチンはシグナル伝達複合体の成分を組織化する作用を有するという可能性が示唆されている。この中間管理的立場は、広範囲に分布し、保存されたタンパク質に適しており、結果的に痛烈な遺伝性のヒト疾患を引き起こすようなわずかな悪影響の機会を与える。

M. E. MacDonald, Huntingtin: Alive and Well and Working in Middle Management. Sci. STKE 2003, pe48 (2003).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る