• ホーム
  • 微小伝達物質放出:自然界の偶然か慎重な設計か?

微小伝達物質放出:自然界の偶然か慎重な設計か?

Miniature Transmitter Release: Accident of Nature or Careful Design?

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2003, Issue 211, pp. pe54, 2 December 2003
[DOI: 10.1126/stke.2003.211.pe54]

Yo Otsu1,2 and Timothy H. Murphy1,2,3*

1Kinsmen Laboratory and Brain Research Centre, University of British Columbia, Vancouver, British Columbia, Canada, V6T 1Z3.
2Department of Psychiatry, University of British Columbia, Vancouver, British Columbia, Canada, V6T 1Z3.
3Department of Physiology, University of British Columbia, Vancouver, British Columbia, Canada, V6T 1Z3.
*Corresponding author. Telephone, 604-822-0705; fax, 604-822-7981; e-mail,thmurphy@interchange.ubc.ca.

要約 : 微小な伝達物質放出は、神経伝達物質の個々の小胞が低レベルで構成的に放出された結果起こる。1950年代以来、この様式のシナプス伝達は、漏出しやすい誘発−放出機構を反映していると広く考えられてきたが、独自の機能があるかどうかは明らかではなかった。最近のデータは、この見解に異議を唱え、微小放出がシナプスの局所的な化学伝達反応とニューロンのネットワーク特性のいずれにも影響を与えうることを示唆するものである。

Y. Otsu, T. H. Murphy, Miniature Transmitter Release: Acciden of Nature or Careful Design?. Sci. STKE 2003, pe54 (2003).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る