• ホーム
  • 分子間相互作用マップ−生体制御ネットワークの図式の画像言語

分子間相互作用マップ−生体制御ネットワークの図式の画像言語

Molecular Interaction Maps--A Diagrammatic Graphical Language for Bioregulatory Networks

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2004, Issue 222, pp. pe8, 2 March 2004
[DOI: 10.1126/stke.2222004pe8]

Mirit I. Aladjem1*, Stefania Pasa2, Silvio Parodi2, John N. Weinstein1, Yves Pommier1, and Kurt W. Kohn1*

1Laboratory of Molecular Pharmacology, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, Bethesda, MD 20892, USA.
2Laboratory of Experimental Oncology, National Institute of Cancer Research and University of Genoa, Genoa, Italy.
*Corresponding authors. E-mail: aladjemm@mail.nih.gov (M.I.A.); kohnk@dc37a.nci.nih.gov (K.W.K).

要約 : 分子間相互作用マップ(MIM)は、複雑な生物学的過程を表すために明瞭で正確な多用途の画像言語を使用している。本稿では、MIM言語の主な特徴と可能性のある利用法について述べる。MIMはデータベースリソースやシミュレーションガイドとして用いることができ、細胞周期、分化、細胞死を通して進行を制御している生体制御ネットワーク中の特定分子の役割に関する新しい仮説を生み出すのに役立つ可能性がある。

M. I. Aladjem, S. Pasa, S. Parodi, J. N. Weinstein, Y. Pommier, K. W. Kohn, Molecular Interaction Maps--A Diagrammatic Graphical Language for Bioregulatory Networks. Sci. STKE 2004, pe8 (2004).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る