• ホーム
  • 遊びから法則まで:生物学の用語

遊びから法則まで:生物学の用語

From Play to Laws: Language in Biology

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2004, Issue 222, pp. pe9, 2 March 2004
[DOI: 10.1126/stke.2222004pe9]

B. Robert Franza*

Cell Systems Initiative and Bioengineering Department, University of Washington, Seattle, WA 98195, USA.
*Contact information. Telephone, 206-616-5088; fax, 206-616-5118; e-mail, bfranza@u.washington.edu

要約 : 子供が驚くほど創造力を発揮するような分野にみられる独特な抽象概念の役割を比較することから、天才児の出現に関する一つの見解が導き出されている。音楽、数学、詩歌、コンピュータプログラミングではすべて、子供は創造的な力として注目されているが、生物学ではそれがない。生細胞を理解する研究において天才児と専門家の両者を妨害しているのは、おそらく、両者が使用するのに適した抽象概念、記号、規則の欠如である。既存の用語を再目的化しても、まだそのような理解は加速されない。おそらく、生体系の動きを記述し予測するという目的によりかなうように、用語を少しずつ進化させるべき時がきている。

B. R. Franza, From Play to Laws: Language in Biology. Sci. STKE 2004, pe9 (2004).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る